ゲームトップ > ニュース・Q&A > ニュース > 「スターオーシャン:アナムネシス」と「ペルソナ 5 ザ・ロイヤル」のコラボでジョーカーや芳澤かすみが参戦!
ここから本文です

ニュース詳細

配信日時:2019年9月15日 17時39分

iOS Android

「スターオーシャン:アナムネシス」と「ペルソナ 5 ザ・ロイヤル」のコラボでジョーカーや芳澤かすみが参戦!

スクウェア・エニックスは、iOS/Android用アプリ「スターオーシャン:アナムネシス」において、10月に「ペルソナ 5 ザ・ロイヤル」とのコラボレーションイベントを開催する。

■コラボイベント情報

イベントあらすじ

宇宙歴366年、仲間と共に宇宙を救った功績や高い向学心を認められたレナは、レオンやプリシスとともに地球への留学生に選ばれる。

地球留学の開始直後から、レオンは紋章科学の分野で、プリシスは機械工学の分野で注目される存在となるが、レナにあるのはネーデ人特有の高い紋章力だけ。

どんどんと留学生活に馴染んでいく仲間の中で、レナに付きまとう劣等感や疎外感、そして孤独――。
そんなある日、レナは学生たちの間で囁かれる一つの噂を耳にする。

「鏡の天使さま」

とある施設の最奥にある鏡に向かって悩みを打ち明けると、未来の自分から着信があり、問題を解決してくれるという。

悩めるレナの足は、噂を疑いながらも自然にその施設へと向いてしまうのだった……。

実施期間

2019年10月開催予定

■新規参戦キャラクター

ジョーカー

CV:福山潤
イラストレーター:曽我部修司(FiFS)

プロフィール

どこかの世界に存在する私立秀尽学園高校に転入した高校2年生の少年。

場末の喫茶店に居候し、都会での学生生活を送ることとなるが、ある出来事をきっかけに、「ペルソナ」使いとして覚醒する。

一見大人しそうに見える少年だが、心の怪盗団のリーダー、ジョーカーとして、汚い大人たちの歪んだ欲望を奪う、義賊として活躍する。

芳澤かすみ

CV:雨宮天
イラストレーター:LAM

プロフィール

どこかの世界に存在する秀尽学園へ入学した少女。

中学時代から新体操選手として優秀な成績を収めており、その将来性を見越して、秀尽学園からも期待されている。

鳴上悠

CV:浪川大輔
イラストレーター:雉本ユーヒ

プロフィール

どこかの世界に存在する田舎町、稲羽市に、両親の仕事の都合で引っ越してきた高校2年生の少年。

市内で発生した殺人事件と若者たちの間で囁かれる雨の日午前0時に見られるという「マヨナカテレビ」の噂を発端にペルソナ能力に目覚め、大きな事件に巻き込まれることとなる。

事件解決のために結成した自称特別捜査隊のリーダーとして活躍する。

結城理

CV:石田彰
イラストレーター:ニシカワエイト

プロフィール

どこかの世界に存在する月光館学園高等部へ転入してきた2年生の少年。幼い頃に事故で両親を失い、親族に引き取られて育ったが、10年ぶりにかつて暮らした街に戻ってきた。

その街の生活の中で、異形の怪物「シャドウ」の襲撃を受け、「ペルソナ」能力を覚醒させる。その後、シャドウ討伐組織「特別課外活動部」のリーダーとして活躍することになる。

本来はひとりに1体しかいないはずのペルソナを複数使いこなすなど、その能力には未知の部分も多い。

佐倉双葉(ナビ)

CV:悠木碧
イラストレーター:ろるあ

プロフィール

どこかの世界に存在する怪盗団の一員として、ジョーカーと共に活躍する少女。

天才的な頭脳とプログラミングスキルを持つが、コミュニケーションが極度に苦手なことに加え、ある出来事がきっかけで最近まで部屋に引きこもっていた。

高校1年生…の年齢だが、中学卒業扱いになったきり、学校へは通っていない。

怪盗団ではナビゲーターとして、戦略的にメンバーをサポートする。

鏡宮のレナ

CV:水樹奈々
イラストレーター:梶本ユキヒロ

プロフィール

宇宙暦360年代、十賢者による全宇宙の破壊を阻止した少女。

その功績と高い向学心を認められレオン、プリシスと共に地球への留学生に選ばれるが、不慣れな地球での生活に加え、どんどん馴染んでいく仲間の中で、強い疎外感を感じてしまう。

■コラボストーリー登場キャラクター

※フォックスはコラボストーリーにのみ登場するキャラクターです。

コラボ特設サイト
https://www.jp.square-enix.com/soa/persona_collabo/

(C) 2016-2019 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved. Developed by tri-Ace Inc. (C)ATLUS (C)SEGA All rights reserved.

本文はここまでです このページの先頭へ