ゲームトップ > ニュース・Q&A > ニュース > Switch版『ゼルダの伝説 夢をみる島』先行レビュー。ジオラマ風の箱庭でクラシカルな『ゼルダ』を楽しめる
ここから本文です

ニュース詳細

配信日時:2019年9月11日 07時00分

Switch

Switch版『ゼルダの伝説 夢をみる島』先行レビュー。ジオラマ風の箱庭でクラシカルな『ゼルダ』を楽しめる

 任天堂から9月20日に発売されるNintendo Switch用ソフト『ゼルダの伝説 夢をみる島』。そのレビューをお届けします。

 『ゼルダの伝説 夢をみる島』は、1993年にゲームボーイで発売されたアクションアドベンチャーゲーム。神が眠るという不思議な島を舞台に、リンクが冒険していくタイトルです。

 そんな『ゼルダの伝説 夢をみる島』が、9月20日にNintendo Switchでよみがえります。本作をプレイして感じた魅力をレポートしていきます。

神様を起こしてコホリント島から脱出しよう

 ハイラルに戻る途中、嵐に巻き込まれたリンクは、気が付くと不思議な島“コホリント島”に流れ着いていました。個性的な住人が暮らす自然豊かな島ですが、どうやらリンクが来てから魔物が出るようになったとか。


 ナゾのフクロウから、この島を脱出するには8つの楽器の封印を解き、島に眠る神“かぜのさかな”を目覚めさせる必要があると聞かされます。島内を冒険して、楽器を見つけていきましょう。

 オリジナル版ではドット絵だったゲーム画面が、本作では3Dに! キャラクターから魔物、フィールドの木に至るまで、光沢があってつるんとした見た目で統一され、まるでおもちゃを集めて作られた箱庭のようなポップな印象を受けます! 今までの『ゼルダ』シリーズにはない独特のビジュアルとなっており、新鮮な感覚でプレイできました。


 気になる人は動画でぜひ確認を。

ダンジョンをクリアして島の謎を解いていこう

 かぜのさかなを目覚めさせるのに必要な楽器は、ダンジョンに封印されています。ダンジョンの入口は扉やギミックで封鎖されているので、“メーベの村”の住人に話を聞いたり、新しいエリアを探索したりしてダンジョンに入れるようにしましょう。

 村ではアイテムを購入して、冒険の準備をすることもできます。


 もし進めなくなってしまったら、電話ボックスを探して電話してください。村に住んでいる“うるりらじいさん”からヒントをもらえます。

 ダンジョンには、たくさんの魔物と手ごわい謎が待ち構えています。各部屋にいる魔物を倒したり、部屋内のオブジェクトやアイテムを使って謎を解いたりしていきましょう。

 ジャンプできるようになる“ロック鳥の羽根”やツボなどの重いものを持てる“パワーブレスレット”などの重要アイテムを入手できることも。こちらはダンジョンクリア後も役に立ちます。


 部屋によっては横スクロールになっている場所も! 見下ろし型の部屋とはまた違った仕組みを楽しめます。


 最奥まで進むと、ダンジョンのボスとバトル! 相手の動きをよく見つつ、アイテムを駆使して倒しましょう。倒すとかぜのさかなを目覚めるのに必要な楽器を入手できます。


新要素“パネルダンジョン”が登場!

 冒険に疲れたら、あちこちにあるミニゲームで遊ぶのも楽しいです! 村では釣りやクレーンゲームができます。集めるとハートが増える“ハートのかけら”などの便利なアイテムを入手できるので、積極的に狙っていきましょう。


 冒険していくと、パネルを組みあわせてダンジョンを作る“パネルダンジョン”が遊べるように。パネルを自由に置き換えて、お題に合ったダンジョンを作っていくのですが、これがなかなか楽しくて時間を忘れて遊んでしまうのでご注意を!

 作ったダンジョンを自分で探索してクリアすると、次回以降で使える新しいパネルやルピーなどの報酬がもらえるので、どんどんクリアしていきましょう。フィールドで新しいダンジョンをクリアしても、新パネルが追加されます。


任天堂でおなじみのキャラクターも

 本作の特徴のひとつとして、ワンワンやクリボー、ヘイホーなど任天堂タイトルのキャラクターが登場することがあります! 魔物として戦うことはもちろん、時には冒険の手伝いをしてくれることもあり、同社のファンにはたまらないと思います。


 メジャーなキャラだけでなく、『シムシティ』のDr.ライトなど最近ではちょっとコアなキャラクターも登場しているので、隅々まで探してみてください!

 ちなみに『ゼルダ』シリーズではおなじみのコッコも登場しています。コッコと言えば、攻撃を加えすぎると大量のコッコが襲い掛かってくることでも知られていますが、本作でもその仕様は健在。無暗にアタックしないように!

クラシカルな『ゼルダ』を新鮮なテイストで遊べる!

 本作はリメイク作品になっていますが、前述したようなポップなグラフィックになっていたり、BGMや謎解き時のSEなどにオリジナルアレンジが加わっていたりと、オリジナル版を遊んでいても、新作のように新鮮な感覚で遊べると思います。

 そもそも、オリジナル版が発売されたのは20年以上も前なので、プレイした人も忘れているかもしれませんね(笑)。


 ゲームシステムは、新しいアイテムを見つけると次のエリアに進めるクラシカルなシステムになっていてわかりやすいですし、ストーリーも入りやすいため、シリーズ作品を遊んでいない初心者にもオススメ! チュートリアルもあり、次に行くべき場所もしっかり教えてくれるので、どこへ行ったらいいのか分からないということもなく、遊びやすいです。

 アイテムが集まってくることで便利になるため、序盤は移動スピードが遅かったり、行けるところがかなり限られたりと、昨今のゲームに慣れている人にはとっては、少し窮屈に感じる部分があるかも。ただ、そこを乗り切れば行けるエリアが広がり、やれることも多くなってきて楽しくなると思います。

 シリーズ経験者と初心者、両方が楽しめるように工夫されているので、ぜひリンクとともに不思議な島を巡り、島に隠された謎を解き明かしてください。

(C) 1993-2019 Nintendo

本文はここまでです このページの先頭へ