ゲームトップ > ニュース・Q&A > ニュース > 『黒猫のウィズ』の『とある』コラボは“上条 VS アクセラレータ”の体験やログインボーナスの“インデックス”などニヤリとする要素ばかり【ファミ通App連載企画】
ここから本文です

ニュース詳細

配信日時:2019年7月19日 20時00分

その他

『黒猫のウィズ』の『とある』コラボは“上条 VS アクセラレータ”の体験やログインボーナスの“インデックス”などニヤリとする要素ばかり【ファミ通App連載企画】

『とある』シリーズの世界をオリジナルシナリオのイベント&協力バトルで堪能

7月18日より『クイズRPG 魔法使いと黒猫のウィズ』(以下『黒ウィズ』)では、アニメ作品『とある科学の一方通行<アクセラレータ>』、『とある魔術の禁書目録<インデックス>III』とのコラボイベントを開催!

『とある』シリーズとのコラボを希望する『黒ウィズ』プレイヤーも多かったのではないでしょうか。

そこで『黒ウィズ』連載企画の第4弾では、『とある』シリーズファンでもある『黒ウィズ』復帰ライターHが、コラボ実装前にコロプラで本イベントを先行プレイ! 本稿で『とある』シリーズコラボの詳細やそのプレイリポートをお伝えします。

※本記事ではイベント開催前のバージョンでプレイしています。ゲーム画面も開発中のものです。

黒猫logo

キービジュアル-600

コラボイベント期間
2019年7月18日16時~8月15日15時59分まで

『とある』シリーズとは?

『とある』シリーズは、未来世界の学園都市を舞台に、科学と魔術が交錯する物語が展開するライトノベル。学園都市に集まった能力者たちによる独創的なバトルと、クセが強いキャラクター同士の掛け合い、そして数々の派生作品によって深く掘り下げられる人物像と世界観が魅力。

本編の『とある魔術の禁書目録<インデックス>』をはじめ、『とある科学の超電磁砲<レールガン>』と『とある科学の一方通行<アクセラレータ>』のスピンオフ作品があり、その3作品すべてがアニメ化され、非常に高い人気を誇っている。

『黒ウィズ』連載企画 第4回

『黒ウィズ』プレイヤーも注目したい!
学園都市の面々があの魔道学園に乱入

コラボイベント注目要素その1
イベントガチャに当麻や美琴が!クロマグ精霊とのコラボもアリ

コラボイベント注目要素その2
ログイン報酬はインデックス!報酬精霊にも人気キャラたちが!!

コラボイベント注目要素その3
協力バトルにアクセラレータが見参!期間限定専用メッセージも!!

イベントプレイリポートまとめ

学園都市の面々があの魔道学園に乱入

『とある』シリーズのキャラたちがフルボイスで登場する今回のコラボイベントは、『黒ウィズ』プレイヤーにはおなじみの名物シリーズ“クロム・マグナ魔道学園(クロマグ)”の世界に、『とある』シリーズの登場人物たちがやってくるところから始まります。

学園繋がりとなる“魔道学園”と“学園都市”。両タイトルの登場人物同士の交流が進む一方で、クロマグ名物・学園長による無茶振りイベントの強行で学園内は大混乱! 異世界でくり広げられる当麻やアクセラレータたちのバトルも必見です。

そんな本コラボイベントのあらすじは以下の通り。

『とある魔術と科学の魔道学園』あらすじ

「第二ボタン争奪大合戦、開始!」
卒業式前日、いつものようなダンケルの悪ノリで始まった大騒動。
だがそこへ、突如として学園都市の人々があらわれる。

お人好しの不幸同士、すぐに意気投合するイツキと上条当麻。
アクセラレータの放つ空気に不穏なものを感じ、監視をはじめるリンカ。
はぐれてしまった黒子たちを探し、魔道学園をさまよう御坂美琴。

ふたつの学園を巻き込んだ大騒動は、やがて意外な事態へと発展していく──
卒業前夜に秘められた真のラストバトルが、いま明らかに!

ph01-300A ph02-300A

▲あの上条当麻やインデックス、アクセラレータたちが『黒ウィズ』に登場し、“クロム・マグナ魔道学園”を舞台に激しいバトルが勃発する。

ちなみに、最近『黒ウィズ』を始めて“クロム・マグナ魔道学園”を知らない方は、本記事の最後に“クロム・マグナ”を紹介しているので、そちらもあわせてチェックを!
⇒“クロム・マグナ魔道学園”とは?

コラボイベント注目要素その1
イベントガチャに当麻や美琴が!クロマグ精霊とのコラボもアリ

コラボイベントでも気になるのがイベントガチャ。今回は『とある』シリーズの主要キャラクターたちが精霊として登場するだけでなく、当麻&イツキ、アクセラレータ&リンカといったコラボ専用カードやアニメ制作スタッフ描き下ろしのカードが用意されていることも見逃せません。もちろん、カードはボイス付きですよ! ここではそのイベントガチャの限定精霊たちを紹介します。

上条当麻&インデックス(CV:阿部敦&井口裕香)

キャラ01

▲完全記憶能力により10万3000冊もの魔道書をその頭脳に記憶している魔道書図書館、インデックス(イラスト右)。異界の歪みに飲まれた彼女を捜すため、上条はみずから歪みに飛び込む(イラスト左)。

アクセラレータ&ラストオーダー(CV:岡本信彦&日高里菜)

 キャラ02

▲2万体いる美琴のクローンを制御するために生まれた上位個体“ラストオーダー”(イラスト右)。異界に飛ばされ、ラストオーダーとはぐれてしまったアクセラレータは、彼女を捜して魔道学園中をさまよう(イラスト左)。

御坂美琴(CV:佐藤利奈)

 キャラ03

▲学園都市第三位のレベル5で、電気を自在に操る“エレクトロマスター”。音速の3倍でコインを打ち出す能力から“レールガン”の異名を持つ。魔道学園ではぐれた黒子たちを捜すが……。

初春飾利(ういはるかざり)&白井黒子(CV:豊崎愛生&新井里美)

キャラ04

▲テレポートの能力を持つレベル4の白井黒子(イラスト右)と、高い情報処理能力を誇り、バックアップを担当する初春飾利(イラスト左)。学園都市の治安を守るふたりは、魔道学園でもジャッジメントとして活躍する。

上条当麻&アクセラレータ(CV:阿部敦&岡本信彦)

キャラ05

▲異なる生き方をしてきたふたりのヒーローは、互いの守るべきもののため、幾度も対立をくり返す。クロム・マグナ魔道学園でも……? イラストはテレビアニメの制作を手がけるJ.C.STAFF描き下ろしだ。

上条当麻&イツキ(CV:阿部敦&内山昂輝)

キャラ06

▲上条当麻は異能の力ならすべてを打ち消す右腕“イマジンブレイカー”を持つ少年(イラスト右)。イツキはクロム・マグナ魔道学園の元生徒会副会長(イラスト左)。このふたりが期せずして出会うも、すぐに意気投合する。

アクセラレータ&リンカ(CV:岡本信彦&茅野愛衣)

キャラ07

▲学園都市最強でレベル5の実力を持つアクセラレータ。クロム・マグナの元生徒会長リンカは、突如として魔道学園にあらわれたアクセラレータに不穏なものを感じ、行動をともにする(イラスト右)。

コラボイベント注目要素その2
ログイン報酬はインデックス!報酬精霊にも人気キャラたちが!!

本コラボイベントでは、インデックスが精霊カードとして登場し、ログインボーナスで獲得できます(ログイン1日目、6日目、11日目。3属性、計3枚)。しかも、インデックスの精霊カードは、『とある』シリーズのアニメ制作を担当するJ.C.STAFF描き下ろしのオリジナルイラストが使用されているのでファン涙もの!

そして、エステル、五和、神裂火織(かんざき かおり)&ステイルといったメンバーが報酬精霊で登場。報酬精霊はドロップ報酬のほか、イベントクエストをクリアーするときに得られる獲得ポイントの累計によって手に入れることができます。

いずれもドロップ報酬、ログインボーナス、ポイント累計報酬で手に入るので、このコラボから『黒ウィズ』を始めた初心者の方でも獲得しやすくなっています。

書目録400

▲インデックスは期間中にゲーム内にログインするだけで獲得できる。右手に三毛猫のスフィンクス、左手に黒猫のウィズを抱えているところも注目のポイント。

とあるコラボ_エステル200 とあるコラボ_五和_200 とあるコラボ_ステイル&神裂火織_200

▲『とある』シリーズのキャラクターたちの報酬精霊も用意されている。

コラボイベント注目要素その3
協力バトルにアクセラレータが見参!期間限定専用メッセージも!!

コラボイベント開催期間中は、多人数用の協力バトルにアクセラレータが敵として登場します。アクセラレータは協力バトルの報酬精霊にもなっているので、ぜひ挑戦したいところ。

さらに、この協力バトルには期間限定で専用のメッセージが用意されており、『とある』シリーズの名セリフが収録されています。場面に合ったメッセージを参加メンバーに発信すれば、盛り上がること間違いなし!

ph07-300 0719-09

▲上条当麻が、もうひとりの仲間として協力バトルに参戦。一問多答形式の画像選択チャレンジにプレイヤー全員が成功すると、当麻対アクセラレータ戦を彷彿させる一撃が!

一方通行_400

▲協力バトルの報酬精霊として登場するアクセラレータ。

“クロム・マグナ魔道学園”とは?

“クロム・マグナ魔道学園”といえば、学生同士のドタバタコメディが展開する人気シリーズ。魔法の修行を行うため、各国から学生が集まった魔道学園が舞台で、そのシナリオも多く登場している。

そのすべてが“魔道士の家”に収録済みで、ゴールドを使えばいつでもプレイ可能。いまなら過去に開催された“クロム・マグナ魔道学園”シリーズのイベントが再開催されており、ゴールドなしでプレイできるのでぜひ遊んでみることをオススメします。

“クロム・マグナ魔道学園”の特徴
●各国から集まった学生たちが魔法の修練を行なう“クロム・マグナ魔法学園”を舞台とするシリーズ
●学生同士の恋模様とバトル(たまに世界の危機)が描かれるドタバタコメディ
●過去に本編5回+番外編1回(クロム・マグナゼロ)が開催

▼おもな登場人物

マスグレイヴ01 イツキ・マスグレイヴ(CV:内山昂輝)
生徒会副会長。水の魔法を得意とする。キマジメで頼まれるとイヤと言えない性格。リンカに想いを寄せている。
リンカ リンカ・ワイアット(CV:茅野愛衣)
生徒会会長。火の魔法を操る。主席の成績を修める優等生で、責任感が強く皆を牽引するリーダー的存在。
アダムス ダンケル・アダムス(CV:乃村健次)
クロム・マグナ魔道学園の学園長。ハチャメチャなことばかりして学園を混乱に陥れる困った人。

コラボイベントプレイリポートまとめ

イベントクエストをプレイして感じたのが、ところどころに『とある』ファン向けの要素が盛り込まれており、それが楽しく、何度もニヤリとしてしまうってこと。きっと、開発スタッフやシナリオ班の方々にシリーズの熱烈なファンがいるのでしょう。制作側の熱量の高さや、作品に対する愛が伝わってきました。

さらに『黒ウィズ』プレイヤーとしても、なじみがある“クロム・マグナ魔道学園”のイツキやリンカ、アキラたちが当麻やアクセラレータと絡む要素もたまらない! どちらか一方のファンでも十分堪能できるのですが、両方のファンであればさらに楽しめます。

ph03-300 ph04-300

▲『とある』シリーズからは、主要人物だけでなくサブキャラクターもたくさん登場。ファンならニヤリとしてしまうようなセリフやシーンがいくつも用意されている。

0719-03 0719-04

▲今回も『黒ウィズ』コラボイベント名物のコラボクイズも登場。『とある』シリーズにまつわるマニアックな問題が数多く用意されている。

大好きな『とある』シリーズのコラボということで期待せずにはいられず、すぐに飛びついた筆者でしたが、プレイ後は大満足のひと言! ふたつの世界が見事に融合しているのはさすがといったところ。アニメファンや『黒ウィズ』ファンの両方が十分に満足できるものに仕上がっていると感じました。

ただ、今回の体験プレイは数時間程しかプレイできなかったこともあり、コラボイベント開催中のこれからが本番! 今度は自分の手持ちの精霊で編成や攻略の対策を考えながら、本イベントをがっつり楽しみたいと思います(ちょっと睡眠不足になりそうなのが心配ですが……)。

『とある』シリーズが好きな皆さんはもちろん、『黒ウィズ』をちょっとお休みしていたプレイヤーの方も、この機会にぜひこのコラボイベントを楽しみましょう!

ゲーム画面0719-01 ゲーム画面0719-02

第3回へ 第5回へ

※対応スマートデバイスの購入および通信料はお客様のご負担となります。
※アイテム課金制です。一部キャラクターは有料のランダム型アイテム提供方式により提供されます。。
※20歳未満の方へ:アイテムを購入する際は、保護者から同意をもらうか、いっしょに購入するようにしてください。

本文はここまでです このページの先頭へ