ゲームトップ > ニュース・Q&A > ニュース > シークレットゲストはアルトリウス役の堀内賢雄さん!「テイルズ オブ フェスティバル 2019」6月15日公演レポート
ここから本文です

ニュース詳細

配信日時:2019年6月16日 02時10分

その他

シークレットゲストはアルトリウス役の堀内賢雄さん!「テイルズ オブ フェスティバル 2019」6月15日公演レポート

横浜アリーナで行われた「テイルズ オブ」シリーズのイベント「テイルズ オブ フェスティバル 2019」6月15日公演の模様をお届けする。

■6月15日出演者

<声優>
小野坂昌也(テイルズ オブ シンフォニア/ゼロス・ワイルダー役) ※司会
伊瀬茉莉也(テイルズ オブ エクシリア2/エル・メル・マータ役) ※司会
小西克幸(テイルズ オブ シンフォニア/ロイド・アーヴィング役)
檜山修之(テイルズ オブ リバース/ヴェイグ・リュングベル役)
安田未央(テイルズ オブ リバース/クレア・ベネット役)
矢島晶子(テイルズ オブ リバース/アニー・バース役)
鈴木千尋(テイルズ オブ ジ アビス/ルーク・フォン・ファブレ役)
近藤隆(テイルズ オブ エクシリア2/ルドガー・ウィル・クルスニク役)
逢坂良太(テイルズ オブ ゼスティリア/ミクリオ役)
福圓美里(テイルズ オブ ゼスティリア/エドナ役)
津田健次郎(テイルズ オブ ゼスティリア/ザビーダ役)
佐藤利奈(テイルズ オブ ベルセリア/ベルベット・クラウ役)
<アーティスト>
DEEN(テイルズ オブ デスティニー/テイルズ オブ ハーツ R/テイルズ オブ ザ レイズ フェアリーズ レクイエム)

オープニングムービーの上映後、小野坂さんと伊瀬さんによる司会進行でスタートした今回のイベント。まずは先日発表となった、家庭用「テイルズ オブ」シリーズの累計販売本数が2,000万本を突破したこと、そして今年のテーマであるアートを意識したセット、マザーシップタイトルのイメージカラー16色に変化するオリジナルペンライトなどに触れつつ、早速恒例のスペシャルスキットへと移っていった。

今回のスペシャルスキットのタイトルは「夢と創造~芸術の街、ヨコハマの祭り~」。夢と芸術の街、ヨコハマで行われるお祭り会場に順に集まっていくシリーズ歴代のキャラクターたち。先に会場へとやってきていたクレア、ルーク、ベルベットのもとに、エルを探しに来たルドガーとエドナがやってくる。

エドガーの選択、ルークの「俺は悪くねえ!」といったおなじみのやり取りもありつつ、ルドガーのもとにエルからの電話が。無事に解決したところで、続いて会場にやってきたのはゼロスとヴェイグ。テンションの違う2人の新鮮なやり取りが繰り広げられつつ、ミクリオ、アニー、ロイドが順々に合流し、コンテストの出品に関するやり取りが繰り広げられた。

一方、街中を歩くエルだったが、突如として魔物に襲われてしまう。そんなエルをヴィクトルが助ける一幕もありつつ、街中に現れた魔物に対処するために全員が広場に集結。今回のお祭りに併せて用意された、夢を現実のものにするバンダナがその原因になっているのではないかという推測、そしてコンテストのエントリー作品の中に気になるものがあるという話が繰り広げられる中、なんとここでアルトリウスが登場すると、会場からは驚きの声が。

一連の出来事の元凶がアルトリウスであること、そしてその目的が人の意志を封じることにあると知ったベルベットと仲間たちは、全員でアルトリウスに挑むも苦戦。しかしながら、会場の観客たちによるリザレクションで回復すると、最後はベルベットがインパルス・ディザイアで撃破。そして、エドナによる「ノルミンダンス」で大盛り上がりのままスキットを締めくくった。

スキットの後は、シークレットゲストとして登場した「テイルズ オブ ベルセリア」アルトリウス・コールブランド役の堀内賢雄さんを含む、出演キャストが順番に挨拶。そのまま今回が「テイルズ オブ フェスティバル」初参加となる安田さん、矢島さん、堀内さんと、久しぶりの参加となる檜山さん、伊瀬さんが、イベント独特の雰囲気やスキットの内容に関するトークを繰り広げていった。

アソビストアの「ているず おぶ HR(ホームルーム)」で聴くことのできるキャラクターソングの紹介もありつつ、続いてのコーナーでは昨年に続いて、「テイルズ オブ」シリーズの名シーンを振り返っていくことに。

最初に紹介されたのは「テイルズ オブ リバース」。15周年を迎えた同タイトルについて、まずは記念ムービーが上映されるとともに、いのまたむつみ氏による描き下ろしの記念イラストが公開された。また、檜山さん、安田さん、矢島さんからはオーディションやアフレコ当時のエピソードが語られるとともに、名シーンとしてウォンティガの正殿、アガーテの訴えでの一幕が披露された。

「テイルズ オブ エクシリア2」の紹介では、近藤さんは作中でとにかく喋らないことへの不安、伊瀬さんはボリュームのある収録に苦戦したことが当時の印象として語られる。そして、今回選ばれたのはヴィクトルとの戦いのシーン。エドガーとヴィクトルの2役を演じた近藤さん、熱のこもった演技を見せた伊瀬さんと、それぞれの魅力あふれる場面となった。

最後に紹介された「テイルズ オブ ベルセリア」からは、佐藤さんがオーディション時にライフィセットも受けていたことを明かす一方、堀内さんは「テイルズ オブ」シリーズスタッフの真摯な作品作りに触れる。そして今回の名シーンは、ラストバトルであるアルトリウス戦。名ゼリフの詰まったシーンでもあるが、演じた堀内さんは二面性を出すのが難しかったものの、作り物にならない感じでやれたと当時を振り返りつつ、手応えを口にしていた。

「テイルズ オブ」シリーズにまつわる最新情報を紹介するコーナーでは、発表されたばかりの家庭用最新作「テイルズ オブ アライズ」より、プロデューサーの富澤祐介氏が登壇。最新映像が公開されるとともに、初報に続く情報がいくつか公開になった。

本作では、ダナとレナ、2つの星を舞台にした物語が展開。その舞台を描くグラフィックは実在感のあるものにパワーアップしており、重々しいものから牧歌的なものまで、幅広く用意されているという。

そして今回、キービジュアルにも描かれていた、痛みと記憶を失くした鉄仮面の青年・アルフェン(CV:佐藤拓也)と、触れる者に激痛をもたらす<荊>に呪われた少女・シオン(CV:下地紫野)の情報が明らかに。この2人が出逢うことで特別な力を得ることになるそうだが、ゲーム内ではどのように表現されるのか、続報に期待しよう。

また、本作のキャラクターデザイン・アートディレクションは、これまでも「テイルズ オブ」シリーズに携わっている岩本稔氏が一手に担う。富澤氏によると、本作は開発方針として没入できる統一的な表現を目指していきたいそうで、そのコンセプトが先ほど触れたグラフィックの向上にも表れているようだ。

また、バトルについては従来の要素は残しつつ、爽快感や達成感といった、アクションゲーマーとしてもより楽しめる要素を用意しているという。その一方で、気軽に遊びたいユーザーに向けた、オート戦闘などのモードも搭載されていることもアピールしていた。

スマートフォン向けゲームとして現在事前登録実施中の「テイルズ オブ クレストリア」については、プロデューサーの田川智美氏、ミゼラ役の石川由依さんが登壇。まずは、ゼロからの物語と仲間たちとの絆をスマホならではのアプローチで表現する本作の特徴を紹介していく。

石川さんがそのデザインからは想像のつかないギャップがあると話すミゼラのキャラクター性に触れたところで、会場ではカナタ・ヒューガ役の天崎滉平さんからのビデオメッセージが上映。その流れから披露された最新映像では、オリジナルキャラクターたちの秘奥義演出、そしてシリーズキャラクターたちの術技・秘奥義演出が公開。なお、本作はコマンドバトルを採用しており、その代わりにカメラ演出などに注力していることにも触れていた。

そのほか、「テイルズ オブ アスタリア」「テイルズ オブ ザ レイズ」などに関する最新情報も公開された。

DEENによるライブコーナーでは、「テイルズ オブ デスティニー」のテーマソングである「夢であるように」から始まり、MCを挟んで「テイルズ オブ ハーツ/ハーツR」テーマソング「永遠の明日」、さらに「君さえいれば」、「ひとりじゃない」といった代表曲を次々に披露していく。

そして最後に披露されたのが、「テイルズ オブ ザ レイズ フェアリーズレクイエム」のテーマソングである「ミライからの光」。アニメの映像をバックに、力強い歌声を会場中に届けていった。

こうして盛りだくさんの内容となったイベントもいよいよ幕引き。最後はキャストからのメッセージが寄せられ、恒例の「ビバ テイルズ オブ」で締めくくった。

■会場の様子をフォトレポート!

(C)いのまたむつみ (C)藤島康介 (C)BANDAI NAMCO Entertainment Inc.

本文はここまでです このページの先頭へ