ゲームトップ > ニュース・Q&A > ニュース > キャラソンと共に15年の思い出を振り返る「ネオロマンス❤ライヴ コルダ☆SONGS」2月24日・昼公演をレポート
ここから本文です

ニュース詳細

配信日時:2019年2月28日 00時00分

その他

キャラソンと共に15年の思い出を振り返る「ネオロマンス❤ライヴ コルダ☆SONGS」2月24日・昼公演をレポート

コーエーテクモゲームスは、2月23日・24日女性向け恋愛アドベンチャーゲーム「金色のコルダ」シリーズを題材にしたイベント「ネオロマンス❤ライヴ コルダ☆SONGS(ソングス)」をパシフィコ横浜 国立大ホールで開催した。ここでは24日・昼の部についてレポートする。

出演者

谷山紀章さん(月森 蓮/東金千秋役)
伊藤健太郎さん(土浦梁太郎/八木沢雪広役)
福山 潤さん(志水桂一/如月響也役)
森田成一さん(火原和樹/火積司郎役) ※両日夜公演のみ
岸尾だいすけさん(柚木梓馬/水嶋 新役) ※2月24日のみ
日野 聡さん(衛藤桐也/冥加玲士役) ※2月24日のみ
石川英郎さん(金澤紘人/土岐蓬生役) ※2月23日のみ
内田夕夜さん(吉羅暁彦/榊 大地役)
佐藤 朱さん(冬海笙子/ニア役) ※2月23日のみ
増田ゆきさん(天羽菜美/七海宗介役)
水橋かおりさん(リリ/水嶋悠人役) ※両日昼公演のみ

演奏者

加賀谷綾太郎さん(ヴァイオリン)
日高隼人さん(ヴァイオリン)
井尻兼人さん(チェロ) ※2月23日のみ
徳富 豊さん(トランペット) ※2月24日のみ
田中和音さん(ピアノ)
MASAさん(ギター)

アシスタント

アンフィニ(ユーキさん、Kanさん)

本イベントは「金色のコルダ」シリーズ15周年記念イベント第2弾であり、シリーズ初となるライヴイベント。ファンから寄せられたキャラソンの思い出を披露したり、インストライヴやPS Vita/Nintendo Switch/PC(Steam)用ソフト「金色のコルダ オクターヴ」のミニドラマを交えたりしながら、出演キャストとともに15年間にわたるキャラソンの歴史を振り返った。

開演前には月森が諸注意やペンライトなどの説明をアナウンスし、さっそく谷山さんがピアノとヴァイオリンの生演奏とともに月森の「ROMANCE」を力強く歌い上げる。キャスト全員が挨拶した後は、ファンから寄せられた思い出のエピソードとキャラソンを披露する特別企画「Memories of CORDA☆SONGS」へ。柚木の「Black & White」への思い出は、その内容通りサービス精神旺盛な岸尾さんがサービスたっぷりに読み上げ、“可愛い”というフレーズが印象的な大地の「May Be True」では、内田さんが抱きしめるような仕草や投げキッスでファンをわかせる。さらに、水橋さんと増田さんが美しいハーモニーを奏でるハルと七海の「Waterside Harmony」で会場を包み込んだ。

思い出紹介コーナーには、MCとして伊藤さんと内田さんが登場。伊藤さんは主人公の存在を強く思わせる歌詞が印象的な土浦の「BELIEVE」や、ファンがこの曲を聞きながら試験を頑張ったという至誠館の「GREEN FOREST GREEN」、谷山さんと加地 葵役・宮野真守さんと歌う「輝きはダイヤモンド」を紹介し、内田さんはイベントでのパフォーマンスが印象的だった「SKYWALKER」をはじめ、ファンの思い出へ非常に共感した様子を見せた如月 律役・小西克幸さんとのデュエット「Silver Lining」について話していく。

そしてコーナーの最後を飾ったのは、ピアノの生演奏と合わせて酔いしれることができた土浦の「TOMORROW」。伊藤さんが以前「ネオロマンス❤ライヴ 2009 Summer」でピアノの生演奏をした際の思い出についても語られた。

続いてのライヴコーナーは「わくわく!デートソング」。福山さんが志水の「Fairy Humming」、水橋さんがハルの「花ノ守」、日野さんが衛藤の「First Noel」を披露し、まるで2人きりでデートをしているような感覚でゆったりと曲を楽しむことができた。インストメドレー「FIREWORKS NIGHT」~「ESCORT」は、ヴァイオリンとピアノで再現。オリジナルとは一味違った雰囲気での楽曲がファンに届けられる。

ドラマ「対決!どっちの演奏ショー」には、カンパネラ学園で争う月森、冥加、土浦、響也の姿が。洋食派の月森&冥加と和食派の土浦&響也が、夜ご飯の献立で揉めているところに柚木が通りがかり、演奏勝負で決着をつけることに。勝負の方法は、お互いが指定したお題に対し、どれだけ楽器の音色で再現できるかというもの。「踏切の音」「カエルの鳴き声」「打ち上げ花火」「救急車(ドップラー効果つき)」を見事に再現した演奏者たちを前に、会場内は感嘆の声に包まれた。

加地の「Tip-Top Shape」をインストで演奏した後は、楽器の生演奏を加えたライヴコーナー後半へ。日野さんが冥加の「絶望の挽歌(エレジー)」で雰囲気を一変させるが、福山さんが志水の「Hear in Heaven」で再び温かな空気に。伊藤さんがしっとりと八木沢の「River ~想いは満ちて~」を歌った後は、真っ赤な衣装に身を包んだ谷山さんの圧倒的な声量による東金の「G.L.A.M.O.R.O.U.S.」が会場を震わせた。

エンディングを飾ったのは「金色のコルダ オクターヴ」のテーマソング「OCTAVE~奇跡の鐘を鳴らそう~」。和やかな空気の中で終了となったが、拍手に応えキャストが再びステージに集合する。アンコールでは「金色のコルダ4」のテーマソング「JOYFUL」で改めて思い出に浸りつつ、「金色のコルダ」シリーズ初のライヴイベントは大盛況の中で幕を閉じた。

また、イベント中には5月19日に「ネオロマンス❤ダンディズム」第2弾が開催されることが発表。会場の物販ロビー内には「金色のコルダ オクターヴ」のアップデートでプレイできるようになる楽曲を一足早く試せる先行体験コーナーも設置されていた。こちらは3月14日に配信となる予定なので、それぞれお楽しみに。

■会場の様子

撮影/大山雅夫

本文はここまでです このページの先頭へ