ゲームトップ > ニュース・Q&A > ニュース > 「ドラゴンクエスト ユア・ストーリー」完成報告会見をレポート。ビアンカ派もフローラ派も満足できる結末が存在するかも?
ここから本文です

ニュース詳細

配信日時:2019年7月16日 19時18分

その他

「ドラゴンクエスト ユア・ストーリー」完成報告会見をレポート。ビアンカ派もフローラ派も満足できる結末が存在するかも?

 2019年8月2日より全国東宝系にてロードショーとなる,スクウェア・エニックスの「ドラゴンクエストV 天空の花嫁」を原案とした3DCGアニメーション映画「ドラゴンクエスト ユア・ストーリー」。その完成報告会見が,本日(2019年7月16日)ザ・リッツ・カールトン東京で行われた。「ドラゴンクエスト」シリーズの生みの親である堀井雄二氏や,映画でも楽曲を手掛けるすぎやまこういち氏を始め,監督や俳優陣も登壇した会見の模様をレポートする。
※左からすぎやまこういち氏(音楽),堀井雄二氏(原作・監修),ケンドーコバヤシさん(サンチョ役),山田孝之さん(パパス役),波瑠さん(フローラ役),佐藤 健さん(リュカ役),有村架純さん(ビアンカ役),坂口健太郎さん(ヘンリー役),山崎 貴氏(総監督・脚本),八木竜一氏(監督),花房 真氏(監督)

 最初に堀井氏は,「ドラゴンクエストV」は一番思い入れのあるタイトルであり,映画化できたことを喜んでいると共に,原作をやったことのない人にもぜひ見てもらいたいと述べた。実際,堀井氏は映画化にあたり,制作陣に「ゲームをやっていない人にも分かる映画にしてほしい」というリクエストを出したそうだ。

 すぎやま氏からは,ゲームと映画の音楽の違いが語られた。ゲームの場合,同じ曲を何度も聴くことになるため,「聴き減りのしない音楽」を心がけているそうだ。しかし,映画の音楽を聴くのは一度だけだ。そのため,それぞれの曲の色をはっきり出すように,ドラゴンクエストの音楽を再編曲したという。
 それと同時に,オーケストラの良さを感じてもらえるよう,「セリフと同時に,音楽にも何かを語らせてください」と,監督にお願いしたと話していた。
 監督陣は,4年かけた本作の制作が,本当に大変な戦いで,どうにかやりきったと口をそろえて振り返る。
 総監督・脚本を務めた山崎 貴氏によると,本作の制作は,演者にただ声を入れてもらうだけでなく,そのお芝居の雰囲気なども見て,それをもとにアニメーションを作っていく手法を取っている。そのため,仮に「CGアニメーションではなく実写にします」と言われても大丈夫な人達に演じてもらったという。

 主にアニメーションや演出を担当した八木竜一氏は,本作ではとくにキャラクターの表情にこだわったと話す。眉毛がどのぐらい上がればいいか,目の潤いやどこを見ているかなど,細かな部分にも注力しているそうだ。
 一方,花房 真氏は,戦闘シーンにこだわりが。ゲーム中では,キャラクター達がそれほど体を動かさないので,実際に敵と戦うならどうするのかを一生懸命考えたという。例えば,「バギ」の呪文を唱えるのに,どのような手の動きで使うのがカッコイイのかというだけでも,激論があったとのこと。
 主人公・リュカ役の佐藤 健さんは,ドラゴンクエストファンにとって,今回の映画化を快く思っていない人も少なくはないだろうと述べたうえで,佐藤さん自身もその気持ちは痛いほど分かると話す。しかし,この映画は,ドラゴンクエストVの大切な思い出を持っている人にこそ見てほしい,映画の公開までに,絶対に見たくなる空気にしたいと,熱い思いを語った。
ーーーーーーーー
※声での仕事に戸惑っていたところ,佐藤さんにアドバイスをもらったという有村さん。一方,波瑠さんからは何も言ってもらえなかったとコメントが。佐藤さんはビアンカ派なので……というわけではなく,波瑠さんは最初からうまかったと弁明していた

 山田孝之さんはパパスを演じるにあたり,声優さんのように誇張した感じか,それともフラットな感じにするかを山崎監督に聞いたところ,「ハイブリッドでお願いします」と言われ,最初から最後まで「その演技の経験はないぞ,どうしよう」と思いながら収録を終えたそうだ。そのため,演技に迷いがあり,「そんなにうまくはないけど,見られないほどではない。可もなく不可もなく。パパスらしくもあり,らしくなくもある。ただ,酷くはない。絶賛されるほどでもない」と,自信のなさそうなコメントで取材陣を笑わせていた。
※ドラゴンクエストファンの坂口さんは,ドラゴンクエストVも繰り返し遊んだという。映画ではヘンリー役ということで,リュカと合わせて叫ぶシーンがあり,それが非常に難しかったそうだ
※初代「ドラゴンクエスト」からプレイしているシリーズファンのケンドーコバヤシさん。映画のタイトルは「ドラゴンクエストV」ではなく,「ユア・ストーリー」というサブタイトルもついているが,映画を見ると納得できると話す

 MCからの質問で,俳優陣が「映画の中で熱くなったシーン」について語ることに。佐藤さんは「リュカのプロポーズ」を挙げ,ネタバレを防ぎつつも,「ビアンカが好きな人も,フローラが好きな人も,どちらも満足できる結末は存在しないと思っていたんですが,存在しました」と,気になるコメントを残していた。フローラ役の波瑠さんも,プロポーズのシーンをお気に入りに挙げていたので,なおさら気になるところだ。
 有村架純さんは,リュカが感情的になるシーンは,見ている方も応援したくなると話していた。

 坂口健太郎さんは,リュカとヘンリーの再会を「とてもかっこいいシーン」として挙げたものの,ネタバレになってしまうので何も言えず,困った様子だった。
 山田孝之さんは,喜びと興奮で泣く寸前までいったという「剣が抜けた瞬間」をチョイス。
 ケンドーコバヤシさんは,花房氏の話にあったバギを使うシーンをあげ,「バギ系ってこうやって使うのか!」というのが分かると感心していた。また,ビアンカが1人で階段を下りるシーンがあり,一瞬表情がアップになるのだが,そこで「ゾクゾク来ます」という。

 また,今回紹介されているシーンは,どこも見どころなのは間違いないが,佐藤さんによれば「本当の見どころは誰も言っていないところです」とのことで,それがどこになるのかは,映画館で確認しよう。
 最後に取材陣から,「男性陣はゲーム中でビアンカとフローラのどちらを選びましたか」という質問が。唯一,坂口さんはフローラ派で,「最初にフローラを選んで,2周目はビアンカで,3周目以降はやっぱりフローラを選んでいます」とのことだ。
 ケンドーコバヤシさんは,当時はビアンカを選びつつも,「この歳になると,どんな卑怯な手を使って,どれだけ叩かれてでも,2人をどうにかしたいと思う」とコメントしていた。
 山田さんは,「いろいろなところでビアンカと言っていて,一途だと思われるのは嫌なので,この場では,最後までどっちか選べなかったということにします」と,なぜか嘘をつく。
 そして佐藤さんは,「ゲーム的にはフローラなんですよね。ステータスは高いですし,ルドマンに気に入られて良いアイテムももらえますし」と,ゲーム好きらしい前置きをしたうえで,「でもビアンカを選びました」と話していた。映画では,佐藤さん演じるリュカは,どのような選択をすることになるのだろうか。8月2日の公開を楽しみに待ちたい。
《リンク:「ドラゴンクエスト ユア・ストーリー」公式サイト》
(https://dq-movie.com/)


―――――――――――――――――
記事URL:https://www.4gamer.net/games/281/G028186/20190716087/
→画像、ムービーなどがすべてある完全版です
―――――――――――――――――
関連タイトル:
・ ドラゴンクエストV 天空の花嫁
・ ドラゴンクエストV 天空の花嫁

―――――――――――――――――
(C)1992, 2014 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SPIKE CHUNSOFT/SQUARE ENIX All Rights Reserved.
Developed by: ArtePiazza
―――――――――――――――――
Copyright (C) 2000-2019 Aetas, Inc. All rights reserved.

提供元の記事はこちら(外部サイト)

本文はここまでです このページの先頭へ