ゲームトップ > ニュース・Q&A > ニュース > 『カードファイト!! ヴァンガード』にすべてを捧げた男、ドクター・オー氏のロングインタビュー後編をお届け! サインカード名刺のプレゼントも
ここから本文です

ニュース詳細

配信日時:2013年6月28日 19時00分

その他

『カードファイト!! ヴァンガード』にすべてを捧げた男、ドクター・オー氏のロングインタビュー後編をお届け! サインカード名刺のプレゼントも

 『カードファイト!! ヴァンガード(以下、ヴァンガード)』の伝道師にして、『ヴァンガード』にすべてを捧げた男こと、ドクター・オーさんを直撃。新しく発売されるトライアルデッキや、急展開を見せるアニメの他、“大ヴァンガ祭2013”を振り返って思ったことなど、多岐にわたってお話してもらった。
 前回掲載した前編では、6月22日発売のトライアルデッキやアニメの話題をお届けした。今回の後編では、『ヴァンガード』をモチーフにしたiOS/Android用アプリ『カードファイト!! ヴァンガード 惑星大戦(以下、惑星大戦)』と3DS用ソフト『カードファイト!! ヴァンガード ライド トゥ ビクトリー!!』のやり込み具合について、そして4月に開催された“大ヴァンガ祭2013”の思い出などについて聞いてみた。
■ドクター・オーのやり込みっぷりを聞く!
――『惑星大戦』や『3DSヴァンガード ライド トゥ ビクトリー!!』は相当プレイされているそうですが、どのくらいやり込んでいるのですか?
 いやいや、そんなにやり込んでいません(笑)。普通ですよ。普通の一プレイヤーとして楽しんでいます。強いて言うなら、普通というのがドクター・オー基準での普通ということくらいでしょうか……。
――それは一般的には普通ではない気がしますが……(笑)。『惑星大戦』の“争奪戦”で「敵にドクター・オーがいた時の絶望感がすごい」と評判ですが、勝率はどのくらいなのでしょうか。
 “争奪戦”の勝率は6割か7割くらいでしょうか。ただせっかくのチーム戦ですから、勝率よりも仲間と協力して楽しめたかどうかを大切にしています。でもたまにゲームに集中してしまって、気付いたら試合終了になっていることもありますね(笑)。決められた時間内でどれだけベストな動きができるかということを考え出すと、本当に熱くなってしまいます。
――やっぱり相当やり込んでいるじゃないですか!
 そうでしょうか(笑)。「白い悪魔が突っ込んでくる!」なんてたまに相手チームチャットで言われているみたいなんですが、それは「自分で突っ込んで決めるんだ!」と、夢中で攻めている時ですね。チームが劣勢の時は特にアグレッシブな動きをしていると思います。おもしろいですよ!
――“『ヴァンガード』にすべてを捧げた男”というのは伊達ではないですね……。続いて『3DSヴァンガード ライド トゥ ビクトリー!!』についてお聞きします。『3DSヴァンガード ライド トゥ ビクトリー!!』はチュートリアルなども充実していて、初心者にも評判ですよね。
 『ヴァンガード』を始めたばかりの人は、しっかりとルールが覚えられるのでいいですね。「ゲームでやっておもしろかったから実際のカードを手にしてみる」という人もいらっしゃるのではないでしょうか。
――あと『3DSヴァンガード ライド トゥ ビクトリー!!』はNPCが強いと評判です。ドクター・オーさんから見て、いかがでしょうか。
 実際、NPCはすごく強いです。たとえば森川くんとか。アニメでは彼は強いファイターという印象ではないと思うんですが、『3DSヴァンガード ライド トゥ ビクトリー!!』では強敵だと思いますね。NPCはかなりしっかりした動きをしてくるので、あれを真似するだけで、実は中級者くらいになれるんです。そのクランのデッキの、理想的な動きを想定して動くように設計されているみたいですね。ひょっとすると普段リアルでファイトしている友だちと同じくらい強い場合もあるんじゃないかなと。それくらい対戦相手としては申し分ないです。
――『3DSヴァンガード ライド トゥ ビクトリー!!』ではインターネットを通じて対戦ができますが、これもドクター・オーさんはよくプレイしていますよね?
 ネット対戦って、僕みたいな社会人にはいいんですよ。お休みの日とか、こっちで仕事に関する資料とかを読みながら、こっちでアニメの『ヴァンガード』を見て、こっちで『惑星大戦』をして、こっちで『3DSヴァンガード ライド トゥ ビクトリー!!』をしてというのができますからね。改めて口に出してみると、『ヴァンガード』漬けですね。
――Twitterなどで「さっきドクターと対戦しました!」という声もちらほら見掛けますよね。
 見ますね。あぁいう反応を見ると本当にうれしいんですよ。1つのエンタテインメントを提供できたのかなって思います。ちょっと空いた時間に、ランダムで決まったファイターと触れ合いの時間ができるすごくいいツールだと思っています。
――地区大会などで、3DSを持ち歩いていたりするのでしょうか。
 もちろんです。3DSを持って会場に行くと、“ドクター・オー”とごく稀にすれ違えるかもしれません。『3DSヴァンガード ライド トゥ ビクトリー!!』が発売されてから、エンタテインメントとしてこっそり仕込んでいました。でも、現在Twitterのフォロワーが23,000人くらいいるのですが、「ドクター・オーとすれ違った!」って誰もつぶやいてくれないんですよ。誰か気付かないかなぁと思ってチラチラ気にしているんですけど……。
――このインタビューを読んだ読者が、ツイートしてくれることを祈っています。
 ちなみに、すれ違うと“○○県から来ました。”って出ますよね。実はあのデータを見ているんです。すごく参考になりますよ。全然違う地区の人がたくさん来てくれているんだなぁって思ったりしますし。“お気に入りのソフトは『3DSヴァンガード ライド トゥ ビクトリー!!』です!”というのを見ると非常にうれしいです。
――ドクター・オーさんの『3DSヴァンガード ライド トゥ ビクトリー!!』での勝率はどのくらいなのでしょうか。
 正直、NPCが強く設計されているので、5割勝てれば十分だと思っています。一応ドクターの場合は、NPCやインターネット対戦で8割くらい勝っていますが、あくまで目標数値ということで。ライド事故(※1つ上のグレードへのライドがスムーズにできないこと)で10%くらい負けているのですが、10%くらいは本当にがっちり対戦して負けちゃいますね。しっかりプレイして理想的な動きができるようになれば、いい感じに勝てるようになると思いますので、皆さんあきらめないでヴァンガってほしいなと思います。
――どのゲームもすごくやり込んでいるような印象なのですが……。
 いやー、昔はもっとゲームをやり込んでいたので、正直なところ最近は年をとって丸くなったなぁと思います(苦笑)。でもそれって、時代の移り変わりもあると思うんです。今は、いろいろなゲームを試せる時代。たくさんのゲームがあって、いろいろやってみて、自分が楽しいと思うゲームに出会えればいいと個人的には思います。『ヴァンガード』がその数ある中で選ばれるゲームだと、とてもうれしいですね。
■大盛況だった“大ヴァンガ祭2013”を振り返って
――続いて“大ヴァンガ祭”についてお聞きします。私も取材に行ったのですが、大盛況でしたね。来場者は何人ぐらいだったのですか?
 両日あわせて15,000人くらいの方がお越しくださいました。実は、会議に会議を重ねてどのくらい来るかなとスタッフ総出で予想してはいたんです。それでふたを開けてみれば、見積もっていた最大値の人数でご来場いただきました。
――ビッグサイトのキャパシティの限界まで来場者がいたと。物販も行列ができていましたよね。
 当日は天気もよくて、暑い日でしたね。なので、正直ファイターの方の体調が心配でした。Twitterで「夜行バスできて朝から並んでいます」みたいなのを見て、大丈夫かなぁと。でも、いざ“大ヴァンガ祭”が始まると、皆さんきれいに列を作って並んでくれましたし、会場の席も譲り合ってくれたり、ジャッジやスタッフに対しても紳士的な態度で接してくれて、本当に助かりました。この場を借りて、お礼申し上げたく思います。ありがとうございました。
――決勝トーナメントを観戦していた時に、対戦相手に「楽しくやりましょう」と言っているファイターが印象的でした。
 強さとマナーが両立したファイターですね。2012年の冬のWGP決勝(ブシロードワールドグランプリ決勝大会)も生放送(※ニコニコ生放送で中継された)でやっていたのですが、対戦後に固い握手を交わしたりとか、健闘をたたえ合ったりとかを自然とやってくれたんですよね。そういう姿を見ると、熱いものがこみ上げてきますね。
――いい光景ですね。優勝者に他のファイターが握手を求めるというのも、『ヴァンガード』ではよく見かけますね。
 そうですね。そうなってほしいな、という我々の思いが少しは伝わってくれたとしたら、とてもうれしいです。カードゲームって対戦相手がいないと遊べない、ある意味ゲームとしては未完成と言われるかもしれないもの。でもそれは友だちと一緒に遊ぶためのものというのを際立たせていると思います。
――遊び相手がいて初めて完成するゲームということですね。
 はい。カードゲームの素晴らしいと思う瞬間は、相手とコミュニケーションをしている時です。誘った相手と友だちになったり、何かについて語り合ったり、笑い合ったり、そういうことが誰とでもできるって素敵だと思うのです。それを守っていきたいと思います。
――確かに。一度対戦すると、すぐ仲よくなれますからね。
 “カードゲームは、友だちとワイワイ遊ぶことが楽しいんだよ”ということを、『ヴァンガード』はこれからも発信していきたいし、業界の“先導者(※『ヴァンガード』には“先導者”という意味も込められている)”としてやっていきたいと思っています。だから、あいさつをするところから始まって、相手を称えるとか、握手を交わすとか、そういうものが自然と出てくるようなら、きっとみんな楽しんでくれているんだなって思います。
■声優さんも同じファイター仲間
――“大ヴァンガ祭”のステージでは、声優さんが活き活きとトークをしていましたが、ご覧になっていかがでしたか?
 ステージの声優さんも、1人のファイターとしてお祭りを楽しんでくれているんだなと感じました。ファイターの気持ちをわかってくれているからこその盛り上がりだったのではないでしょうか。ステージを見ていたファイターの方々も、恐らく「声優さんだけど同じファイター仲間だよね」と感じていてくれたと思うんです。だから、あんなに素敵なステージになったんだと思いますね。
 先ほども言いましたが、『ヴァンガード』は“仲よく遊ぶ”というのが根幹にあるんです。その考えが、声優さんの中にもできているって素晴らしいですよね。みんな仲間、みんなライバルみたいな関係ってすごく希有なコンテンツだと思います。『ヴァンガード』はこれからもそうありたいですね。
――ドクター・オーさんは2日目のステージの司会をしていましたが、ステージに立ってどうでしたか?
 去年の“大ヴァンガ祭”では、合間を縫って会場を歩いたりしていたのですが、今回は裏方に徹するつもりだったんです。ところが、2日目はDAIGOさんのステージの司会をやることになって。前日は緊張して眠れませんでしたね……。ドクター・オーって、前でしゃべるのが本業じゃなくて、ホントはあくまで裏方が本業なんですよ。この2年間の露出で、少し見られるものになっていたらうれしいです。それでもDAIGOさん相手だと思うと、見た目ではわからないかもしれないですが、実はすごくドキドキしていたんですよ。
――ドクター・オーさんは、これからもステージに立つのでしょうか。
 ドクターはアニメにもいるけど現実にもいるという特異点なのですが、遊んでいるみんなと同じ視点でお話しできるお兄さんみたいな存在でいたいと思います。必要となった時には、また皆さんの前で楽しくお話しできるといいなと思います。
――次回の“大ヴァンガ祭”はもう計画していたりしますか?
 私からは“何かしらあると思います”とだけ言っておきます。今回、“大ヴァンガ祭”が大盛況のうちに成功して、またやってほしいという声も多数いただいています。大変うれしいですね。
 皆さんのお陰で『ヴァンガード』は非常に盛り上がっていますし、これからみんなが友だちを誘ってくれればもっと盛り上がると思います。そうやって自然と“大ヴァンガ祭”が開催できるような流れになればいいなと思いますね。
――では最後に、ファンへ向けてのメッセージをお願いします。
 いつも『ヴァンガード』を遊んでいただいて、アニメを見ていただいてありがとうございます。心から皆さんに感謝しています。
 アニメでは第3期“リンクジョーカー編”と銘打って数カ月経ちます。ここからようやく“リンクジョーカー”とは何か? という片鱗が見えてきます。やっとその真相をお届けできます! 自分が愛しているキャラの違う一面が見られるかもしれませんので、そちらにも注目してください。
 そしてカードゲームでは“リンクジョーカー編”のキーである“呪縛(ロック)”も、この後どう使われていくのか、非常に楽しみにしています。
 あとはイベントについてですが、ドクター・オーはBCFの8地区すべてに行くと思います。残りの地区は少なくなってしまっていますが、どうぞ気軽に見に来てください。
 もうすぐ夏休みになりますし、せっかくの長い休みですから、友だちを誘ってみんなで『ヴァンガード』を遊んでほしいです。“アニメはもう3期目だし”とか“ブースターもたくさん出て乗り遅れちゃったし”とか感じている人もいるかと思います。しかし、『ヴァンガード』はいつでも始められるように作っています。いつ始めてもカードゲームって楽しいですよ! その楽しみをみんなで共有できたらいいなと思います。
 さぁ、みんなで「カードファイトしようゼ!!」

●読者プレゼント
 今回インタビューに答えてもらったドクター・オーのサインカード名刺と、前回のインタビューで紹介した『カードファイト!! ヴァンガード トライアルデッキ DAIGOスペシャルセット』を、セットにして抽選で3名様にプレゼント! 欲しい人は、下の応募フォームから応募してほしい。応募の締め切りは7月8日。
プレゼントに応募する
(C)bushiroad All Rights Reserved.

提供元の記事はこちら(外部サイト)

本文はここまでです このページの先頭へ