ゲームトップ > ニュース・Q&A > ニュース > 【週刊アクセル・ワールド】システムが改良された『アクセル・ワールド ―加速の頂点―』をプレイレポ! 各ヒロインとの会話もおさらいしちゃいます
ここから本文です

ニュース詳細

配信日時:2013年1月30日 00時00分

PS3 PSP

【週刊アクセル・ワールド】システムが改良された『アクセル・ワールド ―加速の頂点―』をプレイレポ! 各ヒロインとの会話もおさらいしちゃいます

 2013年も、もうすぐ1カ月が過ぎようとしています。時の流れがあまりにも早くいろいろとドタバタしている今日このごろですが、そんなところにてけおんが「もっと先へ……発売前のソフトを《レビュー》したくはないか、少年」と言って1本のソフトを持ってきました。
 察しのいい皆さんはもうお気づきですよね。いよいよ明日1月31日に発売となるPS3/PSP用ソフト『アクセル・ワールド -加速の頂点-』です。そんなわけで、今回は、カワカミ雁々がこのソフトをレビューしたいと思います。
 まずは本作の概要から。本作は川原礫先生が執筆する電撃文庫『アクセル・ワールド』と、TVアニメ『アクセル・ワールド』をもとにしたSLGです。PS3/PSP用ソフト『アクセル・ワールド ―銀翼の覚醒―』に続くゲーム化第2弾で、シナリオは川原先生による総監修が行われています。
 プレイヤーは、物語の主人公・ハルユキとなって、この世界で生活していくことになります。具体的には、タクムやチユリ、黒雪姫といった《ネガ・ネビュラス》のメンバーたちと交流して学園生活を楽しんだり、《加速世界》で戦ったりしながら、《加速世界》の頂点を目指すのです。
 前作以上にオリジナル要素が豊富で、原作とは異なる“もう1つの『アクセル・ワールド』”が体験できるところがポイントですね。今回のレビューでは、『アクセル・ワールド -加速の頂点-』序盤部分をレポートしていきます。新たに調整の加わった戦闘システムなどは動画をまじえて解説するので、ぜひチェックしてくださいね。
■序盤から物語は大きく動きます■
 ゲームは前作『アクセル・ワールド -銀翼の覚醒-』の終了時からほどない2047年9月から始まります。《ネガ・ネビュラス》として《ブレイン・バースト》内で活動を続けるハルユキたちでしたが、黒雪姫先輩が中学卒業と同時にロンドンへ留学することが判明します! これにはメンバーのみんなもモニターのこちら側のカワカミもビックリです。そんな中で黒雪姫は、残された約半年の間に《ブレイン・バースト》をクリアすると宣言するのでした。
 そして、同時に、姿を消している《災禍の鎧》とその装着者《クロム・ディザスター》の捜索および災禍の鎧の浄化を行うと黒雪姫は言い出し、それにハルユキたちも協力することを申し出ます。このゲームにおける《ネガ・ネビュラス》の活動方針が決定しました。

 あ、ちなみに前作を遊んでいないプレイヤーや、まだ『アクセル・ワールド』について詳しくない人に向けて、ゲーム開始時にこれまでのあらすじを振り返るかどうかを確認されます。「前作を遊んでいてけれど、ちょっと内容を忘れてしまったかも……」という人はここでハルユキや黒雪姫の戦いの軌跡を見直しておくといいでしょう。
■もちろんこういうシーンもたっぷりあるのです■
 序盤からシリアスめな雰囲気で始まる本作ですが、当然ヒロインの女の子たちとラブラブできるシーンもたっぷりと用意されていました。下のスクリーンショットみたいな場面を楽しみたいと言う人もご安心くださいな。




■基本的なゲームの進行は前作と同じ■
 続いてゲームの進行について見ていきましょう。基本的なゲームシステムは前作から大きく変わっていません。
 学生生活を送りながら、ハルユキを育成していき、同時に《ブレイン・バースト》で《BBバトル》を行うことでシルバー・クロウを強化したり、時間を見つけて《ネガ・ネビュラス》のメンバーとコミュニケーションを取って好感度を上げていく――といったことになります。そして、時間が経つとともにイベントが起こり、ストーリーが展開していくという流れです。もし前作を遊んでいないとしても、さほど苦労なくなじめるシステムだと思いますよ。
 プレイしていてもっともブラッシュアップされたな、と感じたのは、BBバトルをはじめとしたバトル面ですね。大きく異なるポイントとしては、フリーバトルの勝利時に、どのパラメータがどのくらい伸びたかが表示されるように変更されました! これはすごく便利、というかバトルに対するモチベーションがふくらみます!
 前作だと強化されたことが実感しづらかったので、目に見える形でシルバー・クロウの成長がわかるようになったのはうれしいところですね。
 それと、ゲームの開始時に戦闘の難易度を選ぶことができます。今回はノーマルでプレイしましたが、だいぶ簡単になった印象があります。難易度イージーだとボタン連打でバトルがクリアできそうです。反面、ハードを選ぶとだいぶ歯ごたえのあるバトルが楽しめます。
 また、フリーバトルの選択肢として最初から《アキハバラBG》が加わったことと、体調管理が主な役割だった食事に追加効果が付与されたことも変更点ですね。《アキハバラBG》でのバトルはランキング制になっていて、勝ち抜くほどに強力な対戦相手が出現します。対戦相手に勝利することで賞金が得られるので、お金に困った時には足を向けてみるとイイでしょう。
 食事についてはバリエーションが豊富になり、それぞれの食事に体調を整える効果に加えて一定期間の間“HP上昇効果アップ”“知力上昇効果アップ”などのボーナスが付いています。食事をしてからバトルをすれば、能力をガッツリ伸ばすことができますよ!
 また、BBバトルを繰り返したり、食事を何度もとるといったさまざまな条件を満たすことで“称号”を得ることができます。“称号”はそれぞれパラメータを若干伸ばす効果があり、攻撃や命中などの数値をキリのいいところでムダなく調整できるようになるのです。“称号”の数は30個以上あるので、いろいろな行動を取ってみてくださいね。
■実際のプレイ画面や気になるバトルの変更点を動画でチェック!■
 ここからは動画を使って実際のプレイを紹介していきます。《BBバトル》やキャラクターとの会話シーンを載せたので、チェックしてくださいませ。
 動画に移っているのはまだまだ序盤ですが、シルバー・クロウの育成や、最初からメンバーのそろっている《ネガ・ネビュラス》メンバーとのコミュニケーションなど、取れる行動は非常に充実していて、前作以上に『アクセル・ワールド』の世界を楽しめるように感じました。この動画での会話はういういとのものでしたが、せっかくですので他キャラクターの会話シーンもここでおさらいしちゃいましょう。
■テレまくりでミョーなところもまじめな黒雪姫先輩■
 とあるファミレスで食事中のハルユキと黒雪姫の様子を映したこの映像。ハルユキの勘違いがキッカケで、恥ずかしそうな様子からキリッとした表情まで、コロコロ変わる黒雪姫先輩の顔に注目です。いつもはクールに振る舞っているけれど、実は感情表現が豊かなんですよね。

■思わずニヤニヤしちゃいそうなチユリとのデート■
 ハルユキの性格を知りつくすチユリならではの計算され尽くしたトークと、ちょっぴりテレているかわいらしい姿に注目ですね。付き合いの長さを会話の端々から感じ取ることができます。ハルユキ、ガンバレよ……!

■“お姉さん力”全開のフーコさん♪■
 こちらはフーコさんとナンジャタウンにお出かけしたシーン。店員さんのカン違いにも、むしろうれしそうにニコニコしているフーコさん。ちょっぴりあわてたところも見てみたいですよね。

■ういういとほんわか水族館デート♪■
 水族館にやってきたハルユキとういうい。デートというよりも、なんだか兄妹みたいな感じもしますね。かなりほっこりとする会話内容となっていますので、そこに注目です。
■ニコの意外な一面が明らかに?■
 いつもは妹キャラだったり、小悪魔キャラだったりするニコの新たな一面が見られるシーンです。でもキャラクター的には意外と合っている気もしますし、これはこれでカワイイからよし!

■パドさんの女の子らしいところを映像で!■
 パドさんとナンジャタウンでデートしているシーンです。落ち込み気味なハルユキをフォローするところも年上のお姉さんっぽくてよいですね。実によいですね!

■タクムと2人きりですることと言えば……?■
 タクムとのデート(?)シーンもせっかくですので紹介いたします! 邪魔が入らないところへとハルユキを連れてきたタクム。2人がそこで始めたこととは……?

 原作ともアニメとも違う、新たなストーリーを味わえる“もう1つの『アクセル・ワールド』”である本作を、ぜひプレイしてみてくださいね! 遊んだ感想などは、下のアンケートから送っていただけるとうれしいです。

【次回予告】こんにちわ、てけおんです。そんなわけでいよいよ明日発売となる本作のレビューをお届けしてきましたが、てけおんが本作で一番気になっているのがタクムの変化です。タクムを演じる浅沼晋太郎さんのインタビューやこれまでの記事でも触れてきましたが、そのせいか画面にタクムが登場するたびにビクついちゃいました(笑)。
 浅沼さんはインタビューで「狂気に走ったキャラクターだと知性が消えることも多いんですけど、タクムの場合はそうではなく、知性を感じさせながらちょっと狂気をはらんでいるような、そんなところを意識して演じていました。」とコメントしてくださいました。
 そう考えると、一緒に竹刀を振っていたシーンも、どこかコミカルなだけでなくちょっぴり怖く感じてしまったり……。そんな“狂気と知性を内包したタクム”を浅沼さんがどう演じているのかにも注目してみてくださいね。
 ゲームは明日で発売ですが、来週もちょっとばかり更新できればと思っています。よろしかったら見てくださいね。
アンケートに答える人はこちら
特集ページ“週刊 アクセル・ワールド”へ!
(C)川原 礫/アスキー・メディアワークス/AW Project (C)2013 NBGI
※画面は監修中及び開発中のものです。

提供元の記事はこちら(外部サイト)

本文はここまでです このページの先頭へ