eスポーツ大会をオンライン上で簡単に開催できるコミュニティプラットフォーム「PLAYHERA」が日本国内に向けてリリース決定

2019年09月10日 17時29分

CyberZは、本日9月10日に都内某所「OPENREC STUDIO」にて、eスポーツ大会をオンライン上で簡単に開催できるコミュニティプラットフォーム「PLAYHERA」の日本国内リリースを発表した。

「PLAYHERA」とはeスポーツ大会をオンライン上で簡単に開催でき、ユーザーエントリーからトーナメント作成、大会進行までワンストップで運営/管理が可能なeスポーツ大会プラットフォーム。

昨今盛り上がりをみせるeスポーツは、CyberZが2018年9月におこなった国内におけるeスポーツ認知度調査では、10~20代の認知率は約8割となり、10~60代の認知率も前年度の約2倍の49.8%という調査結果に。また、CyberZが提供するゲーム動画配信プラットフォーム「OPENREC.tv」はeスポーツ番組の配信数は月に100コンテンツを超え、エイベックス・エンタテインメント、テレビ朝日と共催する国内最大級のeスポーツイベント「RAGE」では過去最高動員数3.5万人、ネットでの視聴数は700万を記録し、大きな盛り上がりを見せているという。

国内で開催されるeスポーツ大会数も急激に増えていることから、「PLAYHERA」を通して、さらなる日本国内のeスポーツ大会の普及促進につなげていきたいと考えているとのこと。また、β版として「PLAYHERA」のスマートフォンアプリが本日リリースされた。

iOS:https://apps.apple.com/jp/app/id1449021935
Android:https://play.google.com/store/apps/details?id=com.hera&hl=ja

さらに、CyberZの連結子会社となる「PLAYHERA JAPAN株式会社」をRIZeSTとの合弁会社として設立予定で、同社の代表にはRAGE総合プロデューサーの大友真吾史が就任予定となっている。同社では、IPホルダー、大会オーガナイザー、ユーザー(選手/チーム)、スポンサーなどeスポーツに関わるあらゆるステークホルダーにとって必要不可欠なプラットフォームになれるよう、サービス開発/運営し、成長が期待される日本のeスポーツ市場の発展に努めていくとしている。

■「PLAYHERA」の特徴

サンプル画面
  • エントリーから大会進行まで「PLAYHERA」アプリ1つで運営が可能。
  • ユーザーは無料で「PLAYHERA」アプリを利用でき、様々な大会に参加可能。
  • 「PLAYHERA」のチャット機能にて主催者と選手、選手間のコミュニケーションが可能。
  • 対戦相手と共有するルームNo.やサーバーIDなどが対戦画面のチャットボックス内にて共有可能。
  • PUSH通知によるスムーズでユーザーファーストな大会進行が可能。
  • eスポーツに特化したSNS機能が利用可能。(β版)

※「PLAYHERA」のプロダクト開発は「DIGITAL APPLICATIONS COMPANY LIMITED」がおこなっております。
※β版では、一部のIPホルダーやオーガナイザー、コミュニティなどに大会オーガナイザーアカウントを提供し、定期的に「PLAYHERA」上で大会開催をおこなってまいります。β版リリースにあたり、大会主催希望者も「PLAYHERA」のWEBサイトより募集しますので、是非お気軽にご応募下さい。

公式サイトURL:https://japan.playhera.com/
Twitterアカウント:https://twitter.com/PLAYHERA_JP

提供元の記事はこちら(外部サイト)
記事提供元
総合ゲーム情報サイト Gamerでは、PlayStation/Nintendo Switch/Xboxといったゲーム機をはじめ、iPhone/Android用スマートフォンゲームアプリ、アーケードやPCゲーム、さらにVR・ARといったゲームの最新情報を扱っています。