ゲームトップ > ニュース・Q&A > ニュース > 【事前登録】コーエーテクモの新作アプリ『三国志ヒーローズ』はボードゲーム×歴史シミュレーション!【TGS2019】
ここから本文です

ニュース詳細

配信日時:2019年9月12日 17時36分

iOS Android

【事前登録】コーエーテクモの新作アプリ『三国志ヒーローズ』はボードゲーム×歴史シミュレーション!【TGS2019】

将棋人口知能開発でおなじみのHIROZ社がAIを担当

2019年9月12日、東京ゲームショウ2019のコーエーテクモ新作アプリ紹介ステージにて、新作アプリ『三国志ヒーローズ』が発表された。

sangokushi_heroes-600

三国志ヒーローズ
サービス開始日:2019年秋
プレイ料金:基本プレイ無料(アイテム課金制)
事前登録:2019年9月12日より開始

【三国志ヒーローズの事前登録はこちら】

【事前登録受付中】iOS/Android『三国志ヒーローズ』PV

今回発表された『三国志ヒーローズ』は、ゼネラルプロデューサーのシブサワ・コウ氏が長年構想していた新感覚ボードゲーム。5マス×5マスのフィールド上には、三国志でおなじみの武将が配置されており、それを将棋のコマのように1ターンごとに交互に操作。形勢逆転も可能な計略などを活用しつつ、リーダーに設定されている武将を倒した側が勝利となる。

04_Battle-300 02_Battle-300

▲一気にマスを進めるタイプもいれば、前方からの攻撃を遮断するなど、武将ごとに能力が大きく異なる。

06_Battle skill-300 08_Battle skill-300

▲リーダーの武将のみが計略を使用可能。大技ほど、士気を溜める必要がある。

また、本作の大きな特徴は、CPUのAIは最強AI開発集団HEROZ社が手掛けた“臥龍(GARYU)”を使用。遊べば遊ぶほどAIがかしこくなり、思考型のゲームが好きなユーザーは存分に楽しめるものになっている。

ゲームモードは、ひとりでじっくりと遊べる“ストーリー”(対AI戦)、プレイヤーの操作もAIが担当してくれる“おまかせ遠征”(AI対AI)、全国のプレイヤーとリアルタイムで対戦ができる“ヒーローズマッチ”(対人戦)の3つ。

そして、描き下ろしのビジュアルで登場する三国志の英雄たちの声は、石川界人、内山昂輝、上坂すみれといった豪華声優陣が担当するのも見逃せない。

11_Story-300 09_Story-300

▲孫尚香のCVは上坂すみれ、周瑜のCVを石川界人が担当。

『三国志ヒーローズ』発表会の最後には、事前登録の情報も発表されており、以下のいずれかの方法で登録が可能。登録特典は、最高レアリティ★5“劉備”だ。
※サービス開始時点での最高レアリティ。

【三国志ヒーローズの事前登録はこちら】

本文はここまでです このページの先頭へ