ゲームトップ > ニュース・Q&A > ニュース > 『アクトレイザー』全曲完全楽譜化に向けたクラウドファンディングが実施
ここから本文です

ニュース詳細

配信日時:2019年7月21日 11時30分

その他

『アクトレイザー』全曲完全楽譜化に向けたクラウドファンディングが実施

 VGM Complete Score Seriesプロジェクト(VCSS)は、スーパーファミコン用ソフト『アクトレイザー』の全曲を楽譜化する、Kickstarterを利用したクラウドファンディングを9月2日まで実施しています。

 本プロジェクトは、スーパーファミコン初期の名作であり、その高いクオリティで業界を震撼させた『アクトレイザー』の楽曲を、作曲者ご本人監修のもと、公式譜という媒体として残すことが目的となります。

 ピアノやオーケストラ用に編曲した楽譜ではなく、もとの楽曲がそのまま完全楽譜化されます。公式の原典が存在することで、自ら演奏して楽しむための編曲や趣味のDTM用の資料、楽曲研究といった分野に発展させていくことが可能となり、ゲーム音楽がより生活に身近なものになり、芸術としての理解も同時に高まっていくものと期待しているとのことです。

 リワードには、完成した楽譜のPDFの送付の他、印刷製本された楽譜の配達や、支援者の氏名の奥付への記載、古代氏の手書きサイン入り楽譜、世界に1つしかないシリアルナンバー入りの楽譜などが用意されています。さらに、早期限定で割引となるリワードやストレッチゴールもあります。

 また、本プロジェクトは『アクトレイザー』をもって終了ではなく、プロジェクトが大きな成功を収めた暁には、第2弾、第3弾とゲーム音楽の原曲のスコア化を進め、公式の楽譜が集まるライブラリとしていくことが理想として考えられています。

 なお、プロジェクトは7月18日のファンディング開始から2時間で目標額の25%を達成しました。


※問い合わせなどはファンディングページよりお願いいたします。 ※スーパーファミコンは任天堂の商標です。

本文はここまでです このページの先頭へ