ゲームトップ > ニュース・Q&A > ニュース > 【そそそのダウンロードゲームれこめんど】第7回:「リアルタイムバトル将棋」で常識を破壊!とにかく早く王将を取る!
ここから本文です

ニュース詳細

配信日時:2019年6月6日 20時00分

その他

【そそそのダウンロードゲームれこめんど】第7回:「リアルタイムバトル将棋」で常識を破壊!とにかく早く王将を取る!

自称「ゲームソムリエ」の津久井箇人 a.k.a. そそそが、オススメのダウンロードゲームを紹介する連載企画「そそそのダウンロードゲームれこめんど」。第7回はシルバースタージャパンから発売中のNintendo Switch用ダウンロードゲーム「リアルタイムバトル将棋」を紹介!

Gamerをご覧の皆さん、こんにちは。ネット界隈で「そそそ」と呼ばれているゲーム大好き音楽クリエイターの津久井箇人です。“どんな人にハマるゲームか”を実際にプレイしてお伝えしていくゲームプレイレポート【そそそのダウンロードゲームれこめんど】略して【そそれこ】の時間がやってまいりました。

最近「テトリス99」を筆頭に、クラシックなゲームにひとエッセンスを加えることで新たな魅力を引き出しているタイトルが増えていますね。リメイクに近い形で甦ったそれらは、従来のファンと新規プレイヤーを巻き込みながら「原点回帰なゲームの面白み」を伝えているように感じます。基本的に、そもそもの基本ルールが面白いゲームは、いつプレイしても面白いのです。

■「リアルタイムバトル将棋」ってどんなゲーム?

平安時代には日本に存在していたとされる「将棋」。駒の種類にそれぞれしっかりと設定されている得手・不得手、敵陣に攻め込んだ際の駒の「成り」(言わば「クラスチェンジ」)、倒した敵の駒を自分の持ち駒にできる……などなど、よくよく考えれば考えるほど「戦略シミュレーションゲーム」しているではありませんか。対局者の「王将(玉将)」を追い込み、どの手を打っても倒せる状況を作る「詰み」を目指して、今風に言えば「ターン制」で交互に駒を指し合い勝敗を決します。

そんな古来より伝わる「ターン制戦略シミュレーションゲーム」である将棋を「リアルタイム戦略シミュレーションゲーム」にしたらどうなるの?というのが本作。「銀星将棋」シリーズなど、数々のプラットフォームで将棋ゲームをリリースしてきた老舗、シルバースタージャパンがこれを提唱してしまうという攻めっぷりにも注目なのです。

■将棋であって将棋でない

革命なのかもしれない

「バトルのルールをターン制からリアルタイムに変更しました」というのが本作の本質。これだけで「将棋」という長きに渡るボードゲームに革命がもたらされています。駒の動きなど、基本的なルールは「将棋」そのまま。違う部分は、先手/後手というターン制を排除したこと、制限時間を設けたポイント制による判定の勝ち負けがあること、「詰み」にしなくても「王将(玉将)」を取ってしまえば勝利できること、概ねこの3点と言えます。

判定で勝敗を決める際の「ポイント」は、どの駒を取ったか/取られたかによって変動。対局者の駒を取ったり、自分の駒をしっかり守ったり、より良い動きをした方が高いポイントを獲得できます。もちろん駒によってポイントも異なるので、攻め方、守り方でさまざまな戦略が生まれてきます。

制限時間はデフォルトで90秒。「じっくり考えるゲーム」から「瞬時の判断力が求められるゲーム」へ、そのゲーム性が大きく変わりました。

時間の概念で変わる戦法

リアルタイムと言っても、連続で延々と同じ駒が動かせるわけではありません。駒を動かすまでにはチャージタイム的な制限があり、例えるならば「ファイナルファンタジー」シリーズの「アクティブタイムバトル」に近い感覚で、どんどん動かせる駒と、連続で動かしにくい駒が存在します。

概ね「飛」や「角」といった強力な駒ほど、次に指せるまでの時間がかかります。逆に「歩」のような駒は比較的素早く指せるので、一気に進軍させることが可能です。この「次に指せるまでの時間」を利用すれば、相手が指す前に「歩」で正面突破といった普通の将棋ではあり得ないような戦略も可能となってきます。将棋が上手い人はもちろん有利ですが、こういった勢い任せの瞬発力、アクション性も大事な要素と言えそうです。

タッチスクリーンで更に直感的

Switchの本体はタッチスクリーンを搭載しています。携帯モードなどでは画面タッチで快適なプレイが可能となっており、コントローラーでカーソルを合わせるよりもさらに直感的でスピーディーな対局を楽しめます。

Switchならではの向かい合った対戦

テレビに映し出して対戦プレイする際は、お互いの目線から見た2つの将棋盤を表示。もちろんこれでも構わないのですが、Switch本体の画面を将棋盤に見立てて、向かい合った状態での対戦も可能です。ゲームソフトだからこそ実現できる「リアルタイムバトル」というルールを、Switchならではの臨場感でリアルに楽しめるのは、非常に熱いのではないでしょうか。

■気になったところ

ボリューム不足感が否めない

「遊んで将棋が強くなる!銀星将棋DX」と共通のさまざまなキャラクターが登場して対局していくことになりますが、やっていることは難易度の差はあれど基本的に対局の繰り返しとなります。手堅い内容ではありますが大きな「ゲーム的な展開」はありません。せっかく登場キャラクターの個性や、新しいゲームとしての「将棋」の存在がしっかりしているので、ガッツリしたストーリーモードなどで「リアルタイムバトル将棋」が普及した本作だけの世界観を楽しんでみたかったです。

練習用に普通の将棋をさせてほしかった

チュートリアル動画は用意されているものの「将棋」初心者に対してのフォローが少なすぎる気がしました。「リアルタイムバトル」を楽しむ以前に「ルール」の把握は絶対なので、普通の将棋で駒の動きなどをしっかり覚えられるモードなどを用意しても良かったのではないかと思います。

オンライン対戦が欲しかった

より「eスポーツ」的なアプローチを感じるので、対人戦を充実させる意味で「オンライン対戦」できるゲームモードが欲しかったです。ただし、本作の場合は上級者同士の対局となると「格闘ゲーム」のそれに近いフレーム単位で決まる「駒の取り合い」になると思われます。緻密さが要求されるオンライン対戦の環境を整えるハードルが、プレイヤーにもメーカーにも高くなるであろうことが想像できるため、あまり現実的ではないかもしれません。

■総評

ある意味で「将棋」に新しい風を吹き込ませた革新的なタイトルです。本来じっくりと時間をかける知的なゲーム性を楽しむものを、よりスピーディーで反射的なゲーム性を楽しむものに変えているわけですから、ゲームジャンルそのものが変わっているといっても過言ではありません。

駒の動きなどの基本ルールは「将棋」に則るため「将棋」の基本知識がないとプレイできないこと、また新しいゲーム性を感じさせることに対しゲームモードが普通の将棋ゲームと変わらず、やや固めの印象を受けてしまうことが少し残念です。せっかく「新しい将棋」を提唱しているので、「将棋」初心者が入る余地を作り、もっと「ぶっ飛んだ内容」のゲームにしてしまっても良かったのではないかと思う面もありました。

しかし「将棋」がわかる人であれば、普通の将棋ではなかなか感じられない「焦り」や「スリル」をしっかりとゲームとして楽しめます。盤面を見渡し、「今」動かす最適な駒、「今」動かすべきではない駒を見極め、いかに速く判断し、次の一手を指すか。「リアルタイムバトル」ならではの駆け引きを存分に味わいましょう。

■こんな人にオススメ!

  • 将棋が好きな人
    将棋のルールさえ知っていれば楽しめます。
  • 何手も先を読む将棋の知的な部分が苦手な人
    多少のゴリ押しが効くのも本作の醍醐味です。
  • 一緒に将棋を楽しめる人が身近にいる人
    親子や友人と対戦できれば、普通の将棋とはまったく異なる速くて熱いバトルが楽しめます。
  • 将棋の一局が長いと思っている人
    最短90秒で決着がつきます。

個人的には「コレはコレであり」と強く感じさせられるタイトルでした。ひょっとしたら将棋さえも「eスポーツ」になり得るという可能性を示された感じです。伝統や固定観念を壊すのは勇気のいることだと思いますが、それを将棋ゲームメーカーの老舗がやってのけてしまっていて、まだまだチャレンジング。逆に、本作をプレイしたことで普通の将棋も久々に指したくなりました。「銀星将棋」の購入を考えてしまうわけなので、シルバースタージャパン、おそるべし。

【そそれこ】第7回、いかがだったでしょうか。「そうあるもの」という固定観念や常識を見直すというのは本当に難しいことで、この精神は「より良いものを作り出すきっかけ」になる可能性を大いに秘めていて、ゲーム業界に限らず、あらゆる社会に浸透してほしいと思っています。自分自身も凝り固まった考え方を見つめ直しながら生きていきたいですね!

■プロフィール

津久井箇人 a.k.a. そそそ

自称「ゲームソムリエ」として、さまざまなウェブメディアでゲームプレイレポートを執筆。物心付いた頃にはMSXでゲームをプレイしていた根っからのゲーム好き。一方で、アーティスト・声優・ボカロの楽曲を手掛ける作曲家としても活動中。エンタテインメントにおけるプロとインディーの垣根を越えた活動を模索し続けており、近年は自身が代表を務めるサークルである創作集団「S-TRIBE」にてバーチャルYouTuberのプロデュースも行っている。

■Twitter
https://twitter.com/sososo291
■エンタメ創作集団 S-TRIBE 公式サイト
https://s-tri.be/
■エンタメ創作集団 S-TRIBE YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/STRIBE

My Nintendo Store - リアルタイムバトル将棋
https://ec.nintendo.com/JP/ja/titles/70010000016356

(C) SilverStarJapan(SSJ)

本文はここまでです このページの先頭へ