ゲームトップ > ニュース・Q&A > ニュース > 『LoL』教育プログラム実施!元アメフト日本代表コーチがLJL出場チームに指導
ここから本文です

ニュース詳細

配信日時:2017年2月27日 21時07分

PC

『LoL』教育プログラム実施!元アメフト日本代表コーチがLJL出場チームに指導

ライアットゲームズは、『リーグ・オブ・レジェンド(League of Legends)』の日本リーグ「League of Legends Japan League 2017 Spring Split」出場チームを対象にした教育プログラム「第3回 Player Training Session」を2月25日に実施しました。

「Player Training Session」とは、LJL出場チームを対象に実施される教育プログラム。ライアットゲームズによれば、プロプレイヤーとしての心技体向上だけでなく、その後の人生においても通用するスキルを身につけるきっかけにする事を目指しているとのこと。

第3回目となる今回は、アメリカンフットボールの日本代表コーチを務めた経験を持つ松場俊夫氏を迎え「チームの現状理解」と「理想のチームを描く」ことを目標に、ワークショップを実施されました。プレイヤーだけでなく、コーチ、マネージャー、オーナーが参加し「共通目的」「協働意思」「コミュニケーション」の重要性を体験。さらに、様々な議論や討論を通じて各メンバーがチームの現状や目標を再認識することにより、お互いの想いを理解、共有しました。

    ■【プログラム: 導入】チーム構成に必要な要素を理解する

    -冒頭、フラフープを使用したミニゲームを実施。チーム全員の息を合わせるために、各チーム工夫を凝らしました。

    ■【ハイポイント・インタビュー】各メンバーの歴史や想いを共有し、メンバー同士のコミュニケーションを活性化させ、相互理解を図る

    -2人1組となって相互にインタビューし、その内容を他己紹介として発表しました。

    ■【ランズワーク】それぞれの立場/役割の違いを認識し、チームを「自分事」にする

    -プレイヤー・コーチ・マネージャーの国を疑似的に建て、それぞれの立場から自国のよいところ、他国へ期待することを共有。チームを『自分事』としてとらえられるよう話し合いました。

    ■【ハイドリーム・ロードリーム】チームの最高の状態と最悪の状況を描き、現状はどの立ち位置にいるのかを把握する

    -チームとして最高の状態に近づくために、何が欠けていて、どのようにチームや個人として貢献ができるのか話し合い、共有しました。

    ■【ビジョン設定】理想のチームを描く

    -「自分たちの理想のチームを動物に例えると?」という問いに、創意工夫を凝らした動物のイラストを描きました。

    ■【ルール設定】理想のチーム実現のため、チームの約束事を決める

    -討議が白熱してくると、全員で立ち上がって議論する場面も。

なお、「League of Legends Japan League 2017 Spring Split」は2月16日から開催中。決勝戦は4月1日に行われる予定です。
本文はここまでです このページの先頭へ