ゲームトップ > ニュース・Q&A > ニュース > モンスター ドライブ レボリューション【ゲームレビュー】
ここから本文です

ニュース詳細

配信日時:2015年12月15日 11時00分

Android

モンスター ドライブ レボリューション【ゲームレビュー】

12月11日に配信が開始『モンスター ドライブ レボリューション』(以下、モンドラ)。専用のルーレット型デバイス「ディスクドライバー」をストップさせるだけといったシンプルな遊び方で、幅広い年齢層が楽しめるゲームだ。

新しいゲームシステムのルーレットバトルRPG

本作はパズルを操作したり、モンスターをひっぱったりといった遊び方ではなく、ルーレット型のデバイス「ディスクドライバー」を、制限時間内にストップさせるといった新しいシステム。これをデベロッパーでは「回転革命RPG」と呼んでいる。

ルーレットには「単体攻撃」や「全体攻撃」、さらには「パワーアップ」など全部で6つのスキルが存在する。この中の「ミス」でルーレットをストップさせてしまうと、そのプレイヤーのターンは空振りとなってしまう。シングルプレイではじっくりと狙って自分のタイミングで止めればいいが、マルチプレイだと制限時間が設定されている。そのため、いかにパーティー全体が楽にクリアできるかを考えながら、どこでストップさせるかも見極めていかなければならない。

シングルプレイ時は失敗することが少なかったものの、マルチプレイでは挑戦したモンスターのレア度が高かったためか(ルーレットの回転速度がかなり早くなる)、何度も攻撃できないターンが続いてしまった

スキルを発動させて決める! 連携召喚

ルーレットをタイミングよくスキルの位置でストップさせると、外側のフチ部分が虹色に光った状態になる。「ミス」以外のすべての箇所をこのように光らせた状態にすることで、次の自分のターンになると、「連携召喚」といった項目が表示されるようになる。この箇所にストップさせると、パーティーメンバー全員での連携攻撃が発動され、通常の何倍もの火力で相手にダメージを与えることが可能。

ただし、ルーレットのフチが虹色の状態で、再度同じ箇所にストップしてしまうと、光った状態が解除されてしまう。つまりは、同じスキルの箇所に2回ストップさせないように、毎ターンごとに止める位置を変えていくことが基本となるのである。どのクエストにも必ずボスが存在するため、前のエリアまでには「連携召喚」が発動できるような状態にしておきたい。

ルーレットのフチを虹色にするだけと聞くと簡単そうに思えるかもしれないが、これがなかなか難しい。特にランクの高いモンスターほど、止めなくてはならない箇所が増えるため、慣れるまでは練習が必要そうな印象を受けた連携召喚に成功すると、序盤のボスのほとんどを一撃で葬ることができるほど、絶大なダメージを与えることが可能。ダメージ計算までは確認できなかったが、パーティーのレベルや育成具合によって変わってくるはず

組み合わせが楽しいスキル設定

各モンスターは、レベルが上がるとスキルを覚えることがあるのだが、通常は同じ属性のものしか覚えることができない。しかし、ミッション報酬やレアスキルのガチャを回して手に入れたものであれば、属性が違っていても覚えさせることができる。

これにより、例えば苦手な属性の敵が出現しても、こちらが相手に有利なスキルを持っていれば運よく倒せたり、マルチプレイだと味方のピンチを救ったりといったように、さまざまな状況に対応できることも。スキルボックスの中が充実してきたら、次はお気に入りのモンスターに自分だけのスキル構成を覚えさせるというのも面白いはずだ。

どの位置にスキルをセットするかも、どんなスキルを覚えさせるかもプレイヤー次第。苦手な相性用に最低でも1つぐらいは、違う属性の攻撃技があってもいいかもしれない

マルチプレイはイベントクエストが狙い目

マルチプレイでは、自分以外のほかに3人のプレイヤーを募集する、もしくは募集しているパーティーへ自分から参加することで共闘可能。マルチプレイを行うメリットとしては、1人でも苦戦しそうなクエストがあっさりとクリアできたり、最大100人まで獲得できる初顔合わせボーナスをもらえるなど、かなり効率よくゲームを進めていけるといった理由が魅力の1つにある。

しかし、平日の昼間などに募集しても集まりにくため、タイミングによってはほしい素材を取るのにも時間がかかってしまうはずだ。プレイした限りだと、経験値素材が落ちるゲリラクエストが開催される12:00~13:00の間や、イベントクエストの期間の間に募集をかけてみると、数秒の間にフルメンバーそろえることができた。さらには、すでに高レベルのモンスターを育成しきってしまい、新たなサブモンスターのレベリングを行っている猛者も参加してくることがあるため、うまくいけばフレンド申請が送られてくることも。なお、この記事作成中は回線が落ちるなどの不具合もなかったため、安心して遊べるはずだ。

基本的に筆者はパーティーホストとして募集をかけていたのだが、人が集まらないということはなく、初心者らしき人からすでにやりこんでそうな人まで、幅広く集まってきていた

シンプルなルールで友だちと気軽に楽しめる

プレイしてみた感じ、ルーレットをただストップさせるだけで遊べるため、複数人で遊ぶ機会が多い方は、特にうってつけのタイトルとなっている。中には、「それだと待っている間は暇なんじゃない?」と思う方もいるかもしれないが、ターン制な上に各プレイヤーには制限時間も設けられているため、むしろそんな暇がないのだ。緊張感がありつつも、盛り上がること間違いなしの本作に興味がわいた方は、プレイしてみてほしい。

  • 使用した端末機種:Nexus 6P
  • OSのバージョン:Android  6.0
  • プレイ時間:約5時間
  • 記事作成時のゲームのバージョン:1.0.1
  • 課金総額:0円

(C)ICJ Inc. All Right Reserved.

本文はここまでです このページの先頭へ