ゲームトップ > ニュース・Q&A > ニュース > 「オメガラビリンス ライフ」と「ラビリンス ライフ」の新情報公開。いろいろ成長した「聖花フローラ」や新キャラの「アルラウネ」,そして新システムの「ハイパーL」などが明らかに
ここから本文です

ニュース詳細

配信日時:2019年7月11日 21時18分

Switch PS4

「オメガラビリンス ライフ」と「ラビリンス ライフ」の新情報公開。いろいろ成長した「聖花フローラ」や新キャラの「アルラウネ」,そして新システムの「ハイパーL」などが明らかに

 ディースリー・パブリッシャーは本日(2019年7月11日),正統派ローグライクRPGでありつつも,スローライフが楽しめるうえにおっぱいに特化したNintendo Switch向け新作タイトル「オメガラビリンスライフ」と,PlayStation 4向けの「ラビリンスライフ」の新情報を公開した。ただ,「オメガラビリンスライフ」と「ラビリンスライフ」では,一部内容が異なっておりますので(関連記事),その点はご了解を。
《リンク:「オメガラビリンス ライフ」公式サイト》
(https://www.d3p.co.jp/omegalabyrinth_life/)

 乙女の花園ベルフルール女学園が誇る大庭園の花を守るため,主人公達が学園のダンジョンに挑むという本作。モンスターを倒して経験を積むたびに,謎の「ω(オメガ)パワー」によっておっぱいが大きくなるローグライクRPGシリーズの最新作として,これまでさまざまな情報が公開されてきたが,今回は,新キャラクターの「聖花フローラ」と「アルラウネ」「聖花フローラに仕える三精霊」,そしてダンジョンで有効そうな感じの機能「ハイパーL」と,花の精霊の体についた虫を丁寧に取ってあげるスローライフ機能「虫取り」。さらに,なくてはならない「温泉」や「花湯」,精霊との「おっぱいじゃんけん」などが紹介されている。
 ちなみに,「聖花フローラ」がなぜ新キャラクターなのだ? 2018年9月20日に掲載した東京ゲームショウ2018のレポート記事ですでに名前が出ているではないか,という記憶力のいい人もいるかもしれないが,これは,あっと驚く展開になっているので,ぜひ以下のリリース文をチェックしてほしい。「オメガラビリンス ライフ」と「ラビリンス ライフ」,発売はいずれも8月1日だ。
<以下,メーカー発表文の内容をそのまま掲載しています>


CHARACTERサブキャラクター

幼き精霊が神々しい姿へと成長。
大庭園を救うべく覚醒したフローラ。

聖花フローラ(成長後)(CV:原由美)
ベルフルール女学園の大庭園の中央に咲く、花の精霊。聖なる力により成長を遂げたフローラの姿。気高く神々しい存在でありながら、どこか表情にあどけなさが残っている。
今こそ私は
聖花としての努めを
果たしましょう
◆身長:165cm
◆誕生日:?月?日
◆スリーサイズ:?(Fカップ)


フローラが立派なレディーに大成長!?おっぱいもBカップからFカップに!
あどけない姿だった聖花フローラが、聖なる力で大人の姿に急成長!?Bカップだったおっぱいも、Fカップまでふくれ上がっているぞ。成長前と成長後で学園内でのイベントに影響を与えるほか、おっぱいが成長したことにより、おっぱい鑑定で乙女たちの冒険をサポートしてくれるように。我が子(?)の成長を感じながらパイタッチすれば、特別な想いがこみ上げてくること間違いなし!なお、聖なる力は気が利くため、成長前の姿に戻ることも可能。ちっぱいが好きな人は安心しよう。
ーーーーーーーー
花の女王を名乗る
冷酷な妖花。

アルラウネ(CV:今井麻美)
大庭園の復興を拒む正体不明の妖花。「全ての花の頂点に立つ女王」だと自称しており、他の花の存在を軽んじているだけではなく、人間たちをも見下している。庭園復興を目指して冒険中の乙女たちの前に姿を現し、敵対することになるが……。
世界には
このアルラウネ以外の
花など不要

◆身長:172cm
◆誕生日:?月?日
◆スリーサイズ:B99(Eカップ)/W 66/H 89
聖花フローラに仕える三精霊。
聖花フローラに仕える三精霊たち。フローラとそっくりな容姿をしている。穏やかで優しい風花、クールで知的な氷花、情熱的で荒々しい烈火、というように性格は三者三様だが、おっぱいは全員Fカップ。それぞれが異なる聖洞を守護しており、花湯やおっぱいじゃんけんなどで乙女たちの冒険を助けてくれる。
―――――――――――
風花(ふうか)の精霊(CV:白城なお) 氷花(ひょうか)の精霊(CV:河瀬茉希)
画像 画像
―――――――――――
ーーーーーーーー
―――――――――――
烈花(れっか)の精霊(CV:依田菜津)
画像
―――――――――――
ーーーーーーーー
ROGUELIKE

大美人?いや大ボインに!?「ハイパーL」で敵を蹴ちらせ!
 バストサイズが「Lカップ」になると、「ハイパーL(ラージ)」が発動!おっぱいが成長すると身も心も成長するのか、一定ターン乙女の体が通常の2倍近く大きくなってパワーアップするぞ!「ハイパーL」化中は与えるダメージの上昇や被ダメージの減少のほか、攻撃した相手を後ろに吹き飛ばせるように。どんな局面でもモンスターを圧倒できる力を得られるのだ!
ーーーーーーーー
SLOW LIFE

フローラとキャッキャウフフ!「虫取り」でお世話!
 花の精霊であるフローラには、その美しさに惹かれて虫さんが体に取りついてしまうことが!フローラから虫取りのお願いをされたら、体に取りついた虫さんを1匹ずつ丁寧に取り払ってあげよう。虫さんが悪さをしたら大変だから行うのであって、決して下心があるわけではないぞ。上手く取り払うとお礼として「みつ」を獲得できるのだ。
 また、虫取りはフローラが成長した姿でも行える。大きく成長したおっぱいに惹かれて虫さんがやってくるので、その手で取り払ってあげよう。うっかりおっぱいに触ってしまうかもしれないが、下心はないぞ!
OPPAI

冒険の疲れを癒し活力もギンギンになる「温泉」!
 ダンジョンではときどき「温泉」を発見できる。温泉に入ると体力が回復するほか、「毒」などの状態異常の回復、しばらくの間状態異常を防ぐなど、良いことづくし!乙女の入浴シーンもじっくり楽しめるので、冒険の活力もギンギンになるぞ!バストサイズの変化によって入浴中の乙女たちの見た目も変化。がんばって育乳し、Zカップの入浴シーンを堪能しよう!
 また、温泉は学園内や女子会時にも堪能可能。ときには、久遠柚結などの冒険をしない乙女の入浴姿が見られることも!?
ーーーーーーーー
ーーーーーーーー
精霊のエキス(?)がたっぷり溶けこんだ「花湯」でパワーアップ!
 ダンジョンの温泉は、「風花の精霊」などの精霊たちが湯に浸かっていることがまれにある。精霊たちの清らかな力が温泉の効能を強化し、入浴した乙女に「聖花の加護」を授けてくれるぞ。「聖花の加護」はそのフロアにいる間だけ発動し、発動中は攻撃力と獲得ωパワーが2倍、敵を倒すと花のタネがときどき手に入るといった、すさまじい恩恵を受けられる。「花湯」を見つけたら、ぜひ精霊たちと温泉をご一緒しよう!
ーーーーーーーー
ロストアイテム復活&ボーナスのチャンス!精霊との「おっぱいじゃんけん」!
 左右のおっぱいを中央に寄せたら「グー」、互いちがいに上下させたら「チョキ」、外側に開いたら「パー」。おっぱいを上手くコントロールし、自分と相手のおっぱいの形を比べて競う真剣勝負。それが「おっぱいじゃけん」!ダンジョンに落ちている「じゃん券」を拾っていると、ダンジョンクリア後かゲームオーバー時に、精霊たちと「おっぱいじゃんけん」に挑戦可能。クリア後のおっぱいじゃんけんに勝利すると、道中で獲得していたωパワーや花のタネの量に5倍ものボーナスが発生。ゲームオーバー時のおっぱいじゃんけんに勝つと、本来失うはずだった装備アイテムや所持品を取り戻せるのだ!
ーーーーーーーー
いつでもおっぱいに触れて大助かりの「PTA」システム!
 ゲームを遊んでいるときにふと「おっぱいが触りたいなあ」という気持ちになること、ありますよね?そんな願いに応える夢のシステムが「PTA(パイタッチアクション)」だ。メニュー画面や会話イベント中、ダンジョンの冒険中など、ゲーム画面に映っている乙女のおっぱいは、いつでもタッチできるぞ!成長前のフローラや久遠凜華はPTAが通用しないものの、頭をナデナデする「NTA(なでなでタッチアクション)」でリアクションを楽しむことができる!
※装備選択画面でパイタッチ。次の冒険に備えてたっぷり触っておこう。
※アルラウネと対峙する緊迫したシーンでパイタッチ。息抜きに最適だ。
※27-1 画面左上に表示されるUIのおっぱいにパイタッチ。サイズが小さいので技術が必要?
※27-2 凜華の頭をなでなで。PTAとは少し違う反応が楽しめる!

―――――――――――――――――
記事URL:https://www.4gamer.net/games/433/G043351/20190711059/
→画像、ムービーなどがすべてある完全版です
―――――――――――――――――
関連タイトル:
・Nintendo Switch オメガラビリンス ライフ
・PS4 ラビリンス ライフ

―――――――――――――――――
(C)Matrix (C)D3 PUBLISHER
(C)2019 Matrix (C)2019 D3 PUBLISHER
―――――――――――――――――
Copyright (C) 2000-2019 Aetas, Inc. All rights reserved.

提供元の記事はこちら(外部サイト)

本文はここまでです このページの先頭へ