ゲームトップ > ニュース・Q&A > ニュース > 『仮面ライダー バトライド・ウォー2』の無料DLC第2弾で“極アームズ”が出陣! 駆紋戒斗役・小林豊さんへのインタビューも掲載【電撃PS特報】
ここから本文です

ニュース詳細

配信日時:2014年6月10日 00時00分

PS3 Wii U

『仮面ライダー バトライド・ウォー2』の無料DLC第2弾で“極アームズ”が出陣! 駆紋戒斗役・小林豊さんへのインタビューも掲載【電撃PS特報】

 6月12日発売の『電撃PlayStation Vol.568』では、PS3用アクション『仮面ライダー バトライド・ウォーII』の第5報を電撃特報として掲載している。
 『仮面ライダー バトライド・ウォーII』は、平成仮面ライダーを操作して戦う爽快アクションの続編。本作では映画が舞台となっており、劇中の名シーンを体感しながら群がる敵を多彩な攻撃や必殺技で倒していくほか、映画で使用された“究極フォーム”に変身して戦えるのが大きな特徴となっている。
 今回の記事では『仮面ライダー鎧武』で登場したばかりの“仮面ライダー鎧武 極アームズ”が、無料DLCの第2弾として7月24日に配信されることが判明。すべてのアーマードライダーたちの武器を使いこなす、超強力なアームズだ。さらに、前回紹介した無料DLC第1弾の“仮面ライダー 斬月・真”は7月10日に配信されることも明らかになった。
 また、ゲーム中に実際に使用できるライダーのフォームなどのバリエーション一覧や“クロニクル”モードでのステージも紹介している。映画の壮大なスケールで描かれる、ド派手な戦いの数々をキミの目で確かめよう。

 そして、好評の連載インタビュー企画には、現在TVで放送中の『仮面ライダー鎧武』でライバルである駆紋戒斗(くもんかいと)を演じる小林豊さんが登場! クールな役柄とは対照的な、明るくてさわやかな一面を持つ小林さんの魅力が詰まったインタビューになっている。その一部をここで紹介しよう。
――小林さんが駆紋戒斗を演じるときに、心がけていることを教えてください。
 自分が“駆紋戒斗”であることだけを意識するようにしています。そうすると、不思議と“小林豊”ではできなかったこともできるようになるんですよ。
――駆紋戒斗を演じるようになって、日常生活で身の回りに変化があったのでは?
 街を歩いていると「あ! 戒斗だ!」と言ってくれる子どもたちは増えましたね。そんな子どもたちの活気に満ちた目の輝きが、ボクの原動力になっています。
――子どもたちに声をかけられたときは、やはり駆紋戒斗として反応されるのでしょうか?
 いえ。がんばって戒斗っぽくしようとはするんですが、それよりうれしい気持ちのほうが強いので、基本的にはニヤニヤしちゃいますね(笑)。クールな“駆紋戒斗”は知っていても、明るい“小林豊”を知らない人もいてポカーンとされることもありますが、何より笑顔で接したほうが子どもはスゴイ喜んでくれますから。
――たしかに、駆紋戒斗なら子どもでも冷たく当たってしまいそうですからね(笑)。
 そうですね(笑)。なので、ファンに接するときは等身大の自分で向き合うようにしています。
――ゲームではバナナアームズとマンゴーアームズに変身できますが、どのアームズが気に入っていますか?
 やっぱりバナナアームズですね。スタイリッシュで紳士的な姿がカッコイイと思います。
――バロン以外で使ってみたいライダーはどれですか?
 いや~全部ですね。龍玄は自分では使えないけど、アシストとして呼び出すことができるみたいなので、ミッチにがんばってほしいです。
――でも、龍玄に後ろをまかせるのは不安では(笑)?
 たしかに、鎧武を後ろから撃つシーンがありましたから少し不安かも(笑)。でも、そういう話で盛り上がれると思うので、みんなでプレイしたいです。
――本作では『イエヤスの城』が登場しますが、映画撮影時の思い出などがあれば教えてください。
 あのシーンは滋賀県にある彦根城で撮影したのですが、じつは滋賀県はボクの出身地なんですよ。まさか地元で仮面ライダーの撮影ができるなんて思っていませんでした。しかも、母親も撮影を見に来てくれて、少し恥ずかしかったですね(笑)。でも、それだけにとても思い出深い撮影になっています。
(電撃PS Vol.568から抜粋)
 このほかにも、バロン役のオーディション時の秘話や、“バナナ”(※バロンのモチーフ)に立ち向かうエピソードなど、仮面ライダーへの熱い気持ちが詰まったインタビューになっているので、ぜひチェックしてみてほしい。
 これらの情報が掲載された『電撃PS Vol.568』をお買い求めの人は、お近くの書店・コンビニへどうぞ! なお、電子書籍版もKindleやBOOK☆WALKERなどで配信されているので、こちらもお忘れなく!!
(C)石森プロ・テレビ朝日・ADK・東映 (C)石森プロ・東映 (C)BANDAI NAMCO Games Inc.
※画面は開発中のもの。

提供元の記事はこちら(外部サイト)

本文はここまでです このページの先頭へ