ゲームトップ > ニュース・Q&A > ニュース > 『ドラッグ オン ドラグーン3』新キャラ公開。言葉責め好きな半ズボン少年やドMメガネ金髪マッチョなど、『DOD』らしい変態が集結
ここから本文です

ニュース詳細

配信日時:2013年5月20日 11時00分

PS3

『ドラッグ オン ドラグーン3』新キャラ公開。言葉責め好きな半ズボン少年やドMメガネ金髪マッチョなど、『DOD』らしい変態が集結

 ヨコオタロウ氏、藤坂公彦氏、岡部啓一氏、柴貴正氏ら、気鋭のクリエイターが集結して世に送り出すシリーズ10周年記念タイトル『ドラッグ オン ドラグーン3』。本作はPS3用A・RPGとして、2013年にスクウェア・エニックスから発売が予定されている。今回はウタウタイの美女・ゼロとともに戦う4人の使徒の情報を公開。いずれも“個性派”などという単純な言葉ではとても表現できないほど“濃い”メンバーばかりなので要注目だ。
■使徒――ウタウタイの背中を守る4人の戦士たち
 ゼロとともに戦場を駆ける4人の男性たちは、“使徒”と呼称される。その呼び名にどのような意味があるのか。そして、彼らはどのような理由から使徒に選ばれたのか。詳細はいまだ謎に包まれている。人間離れした戦闘力を持つゼロと戦いをともにできるあたり、戦士として優れていることは間違いないようだが……。
 ここでは、そんな使徒たちのイラストやスクリーンショットから、彼らの人となりをひも解いていこう。電撃オンラインの変態を代表する2人の男性編集(TDB、そみん)に加えて、女性ライターのサガコによるインプレッションもお届けする。
 なお、どうやら使徒には、“ウタウタイの性のはけ口になっている”という、淫靡(いんび)な設定も存在しているようだ。ここでいうウタウタイとは、ゼロ1人だけのことなのか。それとも、ワンも該当するのか。ファンとしては非常に気になるところだ。



【ディト[Dito]】
 巨大な槍を操って戦う、若く美しい外見の少年。あどけない表情とは裏腹に、残忍な性格をしている。洞察力が鋭く、他人の心理をいち早く理解する賢さを持つが、その聡明さは相手をより深く傷つけるために発揮されることが多い。いたぶった相手の苦痛の表情や悲鳴に悦びを感じるという、困った性癖の持ち主。
「ほらほら、興奮してんじゃねーよ!」
●TDB寸評:ああああああ。ヒザと太ももかわええええええ!! つーか、『DOD』シリーズで男子がヒザ小僧をさらけ出したのは、何気にこのディトが初めてなのではないでしょうか。あのセエレでさえ守り通した禁断のフェチズムを、こんなにも簡単に……。え? ザンポがとっくにさらしてる!? お、おう……。
●そみん寸評:半ズボンという時点でハアハアですが、長くてかたそうな槍を持っているところもいいですね。小動物好きとしては、右手に乗っている白くてふわふわな生物も気になります。


【デカート[Decad]】
 鍛えた肉体から繰り出す拳で戦う中年男性。常識人で、女性への気遣いも忘れない紳士。その裏では、自らに向けられた苦痛や逆境を試練という名のご褒美として享受する、極端なマゾヒストでもある。本人はその嗜好を隠しているつもりのようだが、真実は全員に知れわたっている様子。
「かたくて、痛いッ!? うぅ、うっ、うぅっ」
●TDB寸評:ああああああ。筋肉むきむきすぎいいいいいい!! 常識人で紳士的な変態メガネって、僕が目指してるポジションとかぶっててジェラっとしました。それはさておき、デカートさんってさぁ……なんかそこらへんの連中と匂い違いますよね……MというかドMっていうか……もっとはっきり言うと……オナール兄さんと似た匂いがするっていうか……。
●そみん寸評:マゾ&メガネ&マッチョとMMM(トリプルエム)がそろったステキな紳士です。左手の薬指に指輪をはめているけど、やっぱり妻帯者なんですかね。指輪と見せかけて、殴る時用のメリケンサックがわりとかだったらシビレます。



【オクタ[Octa]】
 特殊な円輪を武器として戦う老人。異様な風貌をしているが、本人はそれを意に介さず、常に飄々としている。老いてなお異常なまでの性豪であり、精力は絶倫。使徒の中でもアレが一番長くて大きいことを自慢に思っている。どうやら、穴があれば問題ないという考えのようだ……。
「絶倫だけが取り柄。絶倫だけが存在価値。絶倫だけが…」
●TDB寸評:ああああああ。絶倫最強うらやましいいいいい!! つーか、首にまいているオサレマフラーとか、ムダに伸びてる爪とか、個性を主張しまくりなビジュアルにシビれるあこがれる。頭につけている花の飾りは、ゼロの目に咲く花と関係があるのでしょうか……。
●そみん寸評:ベラボー参上! え、『超絶倫人ベラボーマン』とは関係ありませんか、そうですか。高下駄とか頭巾(ときん)っぽい飾り(花?)とか、なんだか天狗みたいですね。ウソをついたら鼻とか伸びそう。


【セント[Cent]】
 自分自身に絶対的な自信を持つ、双剣使いの青年。自らが持つ知識を惜しげもなく披露するものの、その情報は大体間違っているという残念系美男子。戦闘力は高く、戦場では頼りになるのだが、時に間違った情報をもたらして仲間たちを困惑させるという、困った一面を持つ。
「何せ忙しい身でして、昨日なんて8時間しか寝ていないんですよ?」
●TDB寸評:ああああああ。胸元を開襟しすぎいいいいいいい!! その胸の十字傷は大丈夫なのか。一般人なら致命傷になりかねない気がするけど、そこはさすがは使徒だ、なんともないぜってことなのか。すごいんですねぇ、使徒って……。個人的に、この世界での腰パンはユーリック兄さんだけに許された権利だと考えていましたが、セントならまぁOKだなと思いました。ギャランドゥはよ!!
●そみん寸評:なんだかムカツキますね。どこが“残念系美男子”なのか、顔だけ見たらさっぱりです。双剣使いとか、普通にかっこいいじゃないですか! ムカ着火ファイアー!! ごめんなさい、最近覚えた言葉を使ってみたかっただけです。正直、今は一番嫌いなキャラですが、声優さんしだいで僕の大好物キャラになりうるので、泣き声がチャーミングな声優さんであることを期待しております。


■女性ライター視点で使徒たちを斬る!? 誰とも絶対結婚したくないッ!!(断言)
 第3報にして、待ちに待った藤坂イラストのメンズが初登場! ということで、今回は『ニーア』シリーズでライティングを担当していた女性ライターのサガコを緊急召集。問題児ばかりの使徒たちについて、想いのたけをぶちまけてみてもらったところ……。

 どうも! 紅い目をしたライター・サガコです。ついに『DOD3』の男性キャラが情報解禁になったということで、どんな変態……あ、いえ、失礼しました、どんな紳士たちが登場するのかしらとドキドキしながら資料を拝見させていただきました。
 率直な感想を、素直に申し上げますと。
「いやーー!! どいつとも絶対結婚したくねぇーーー!!」
 資料を見た瞬間に、私の心が完全イナバウアー。驚きすぎて後ろに反り返りました……。か、かつてこんな衝撃的な男性陣キャラのそろい踏みがあったでしょうか!? ウタウタイに従う男性陣が4人もいて! 逆ハーレム乙女ゲー状態、ショタにガチムチ、オジサマにイケメンと聞きおよび、今流行の魅力2,000%の王子様ユニットキターッ、と思いきや! 
 性格がヤバげなショタ、性癖がヤバげなガチムチ、性欲がヤバげなオジーサマ、おつむがヤバげなイケメンの4人組って、これどーいうこと!? ねぇ、ヨコオさんどーいうことなんですか!? って、そっか……これ、ヨコオゲーなんでしたね(笑)。なんというか、さすがとしか言えません。度肝を抜かれてしまいました。だって、考えてもみてください。想像してもみてください。
「この男性陣がそろって合コンに来たら、あなたどうされますか!?」
 女子として参加して「誰狙い?」って聞かれても、もし隣にゼロ姉さんがいたら「あ、私今日、ちょっとノらないんでぇ、全員どうぞっていうかぁ~」と冷や汗かきながら差し出すレベルじゃない?
 男子として参加しても、現場でもし4人と初対面だったら「こんな変態紳士ばっか選抜した奴、ダレだよ!」つって、生ビール飲んで挙動不審な主催ヨコオ氏の太腿を、テーブルの下でおはしでグリグリグリ~って刺すレベルなんじゃないの!? それぐらい個性的すぎる。アクが強すぎる。というかアクしかない。すごすぎだろ!!
 そして何より、このスゴイ男性陣を全員使徒として従えているというゼロさんの日々の生活ぶりを想像すると、なんだか背中がぞわぞわしてしまうのは私だけではないことでしょう。私の頭の中は、すでにCEROが限界突破……いや、これ以上は言いますまい。
 気になることは多々あれど、私はとりあえず今のところ、デカートさんが気になって仕方がないので、どうかよろしくお願いします。声優さんが発表されて、声がついたらセリフが音になって、もうどうなっちゃっているのか気になって夜も眠れません。つくづく、据え置き機のPS3でよかったなって、今思っています。このゲームを大音量で遊んでる姿は、誰にも多分見せられない!! ワタシヲミナイデ!!
 うん、決めました。夜中に1人で遊びます。私のデカートさん……たくさん喘いでくれたらいいなぁ……ウフフフ……。(思春期からオトナに変わった、壊れかけのsagako)

 正直、かなりナナメ上を行くヨコオ節な男性キャラクター陣に、サガコだけではなく、電撃オンラインの『DOD3』記事制作班もいろいろな意味で盛り上がってしまった。さらなる情報にも期待が高まる!!
(C)SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
Character Design : Kimihiko Fujisaka.

提供元の記事はこちら(外部サイト)

本文はここまでです このページの先頭へ