ゲームトップ > ニュース・Q&A > ニュース > 【電撃乙女部】『TIGER & BUNNY』『DGS 響』などキャラホビの女子注目点を紹介
ここから本文です

ニュース詳細

配信日時:2011年8月27日 23時38分

その他

【電撃乙女部】『TIGER & BUNNY』『DGS 響』などキャラホビの女子注目点を紹介

 本日8月27日より開催されているイベント“キャラホビ2011 C3×HOBBY(以下、キャラホビ2011)”を、電撃乙女部のまり蔵が取材してきました。
 キャラホビ2011は、8月27日と28日に千葉・幕張メッセで開催される大規模なキャラクター&ホビーイベントです。ゲーム・アニメ・フィギュアメーカーや出版社の展示&物販をはじめ、ステージイベントなどが行われます。ご飯を食べるブースなんかも用意されています。
 開催初日となる本日、まり蔵がキャラホビの会場を取材してきました。女性が楽しめそうな(というより、まり蔵が楽しかった)ポイントを、写真とともに紹介していきますので、明日会場を訪れる女性の方はぜひ参考にしていただければと!
■アスキー・メディアワークスブース
 10月27日に発売されるPSP用AVG『アルカナ・ファミリア -La storia della Arcana Famiglia-(以下、アルカナ・ファミリア)』のキャラクターが勢ぞろいした、特大パネルが目印のアスキー・メディアワークス(AMW)ブース。ここでは、どこよりも早く『アルカナ・ファミリア』が試遊できます。また、『シルフ』(アスキー・メディアワークス刊)でのコミカライズも決定し、ブース内ではコミック版のラフが展示されていました。
 ちなみにAMWブースで一番にぎわっていたのが、文化放送 A&Gブースと連動した“ご当地DGS響”の展示コーナー。“ご当地DGS響”とは、ご当地の名産品とコミック『Dear Girl~Stories~ 響』のアイテムを組み合わせて、世界に1つだけの“ご当地DGS響”を作るという企画です。ここの展示コーナーの列がすごかった……! 訪れた人たちは、みんなケータイで写真を撮りまくっていました。


■文化放送 A&Gブース
 物販と展示がメインだった文化放送 A&Gブース。物販コーナーでは、ラジオ番組『神谷浩史・小野大輔のDearGirl~Stories~』の“チャリンティーチャリンティーTシャツ”をはじめ、さまざまなラジオの関連商品が販売されていました。そして、ここの展示コーナーの待機列もすさまじかった……。展示コーナーでは、『シルフ』と連動した“ご当地DGS響”コレクションも見られますので、明日行かれる方は頑張ってください!


■コトブキヤブース
 コトブキヤブースでは、『ヘタリア』や『テイルズ オブ フレンズ』などの女性向けラバーストラップコレクションが多数並んでおりました。9月発売のワンコイングランデフィギュア『キラル学園 1限目』や、2012年春の発売が予定されている、『咎狗の血』シキ&アキラの1/8スケールフィギュアもありましたね。まあ、個人的に気になったのは、GRANRODEO(グランロデオ)とのコラボアイテム『ロデオガール☆たしなみPANTSU』と、コロコロした『魔法少女まどか☆マギカ』キュゥべえクッションだったワケですが!



■コスプレプラザ2011
 今年のキャラホビは、TVアニメ『TIGER & BUNNY』のコスプレをした方が本当にたくさんいらっしゃいました。特にオジサンとバニーちゃんが多かった! コスプレプラザ2011の“コスパティオ・スペシャルブース”には、『TIGER & BUNNY』の世界をリアルに再現したステージが設置されていました。マーベリックとバニーちゃんが会見した場所とか、バニーちゃんの部屋とか。バニーちゃんの部屋は、背景にちゃんと(?)ハイビスカスが描かれていたんですが、あまりに鮮やかな色合いだったのでちょっと圧倒されてしまいました。ああ、机の上の写真が泣ける……。


■コスパブース
 コスパブースでは、『TIGER & BUNNY』関連グッズを1,000円(税込)購入ごとに、ポストカードを1枚プレゼントするキャンペーンが展開。絵柄は全部で4種類。ブースでは、イベント特別価格の『TIGER & BUNNY』Tシャツやラグランが販売されていました。


■アニメイトブース
 アニメイトブースでは、『TIGER & BUNNY』でヒーローたちが使うトレーニングルームが再現されていました。実際にトレーニングもできます。もちろん、物販もちゃんと行われていましたよ。タペストリー、Tシャツ、ショットグラス、扇子、ベルト、マグカップなど『TIGER & BUNNY』グッズが盛りだくさん。ソフトコンタクトケースという少々変わり種もありました。



■サンスター文具
 まり蔵大プッシュのサンスター文具ブース。ここでは、『TIGER & BUNNY』学習帳が販売されています。学習帳ですよ、学習帳! しかも“虎徹”“バーナビー”“虎徹&バーナビー”の3バージョンも! お値段は各300円(税込)。わたしですか? もちろん3冊とも買いましたよ!

■フード&ドリンク
 グッドスマイルカンパニーのブースでは、『魔法少女まどか☆マギカ』カフェアンコールが設置され、グッズとドリンクの販売が行われていました。カフェには、シャルロッテの巨大オブジェも。口の中に首を突っ込んでみるのも一興です。ドリンクは5種類で、コースターが付いて350円(税込)。ほむほむの巨峰味ドリンクを購入したら、コースターに加えてキュゥべえウェットティッシュまでもらえました。わーい。


 そして、まり蔵が今年のキャラホビでもっともオススメしたいモノが、AT-Xとアジアンランチのコラボメニュー“抱きしめタイカレー”! ちなみに命名したのは、声優の安元洋貴さん。このカレー、8種類の具材が入ったグリーンカレーなんですが、かなり本格的でおいしいのです。最初口にした時、結構からいと感じたんですが、あとに引かないからさのため水なしでパクパクとイケました。からいものが苦手なまり蔵がからかったのにおいしいと感じたので、たぶん万人におススメできるかと。
 少々特定コンテンツに偏ってしまった感はありますが(少々?)、電撃乙女部的おススメポイントはしっかり紹介したつもりです。明日、キャラホビの会場に足を運ぶお嬢さん方の参考になったら幸いです。特に“抱きしめタイカレー”は、食べていただきたい、そして食べていただきたい!

提供元の記事はこちら(外部サイト)

本文はここまでです このページの先頭へ