「eSPORTS国際チャレンジカップ ~日本選抜vsアジア選抜~」開催競技が変更へ―『CS:GO』中止、代替タイトル調整中

2019年01月12日 10時38分
一般社団法人日本eスポーツ連合は、1月26日から開催する「eSPORTS国際チャレンジカップ ~日本選抜vsアジア選抜~」の競技種目が変更となったことを発表しました。

発表当初に競技種目として予定されていたのは、『ウイニングイレブン 2019』、『Counter-Strike: Global Offensive』、『ストリートファイターV アーケードエディション』、『鉄拳7』の4タイトル。そのうち、『Counter-Strike: Global Offensive』が競技種目から除かれることが発表されました。

『Counter-Strike: Global Offensive』の代わりとなるタイトルについては調整中であり、概要が決まり次第明らかになる見込みです。大会2週間前というタイミングで、e-Sportsシーンで長年の定評のある『CS:GO』が除外となった背景については不明瞭ですが、代替タイトルの発表に期待しましょう。

「eSPORTS国際チャレンジカップ ~日本選抜vsアジア選抜~」は2019年1月26日、27日に幕張メッセにて、「闘会議 2019」、「ジャパン アミューズメント エキスポ2019(JAEPO2019)」との同時開催予定です。
提供元の記事はこちら(外部サイト)
記事提供元
国内・海外ゲーム情報サイト