『LoL』国内プロリーグ“LJL2019”は賞金総額2700万円! 運営によしもと&プレイブレーン参加、参加チーム増で「世界レベルのesports文化」を目指す

2018年12月26日 16時02分

 2018年12月26日、ライアットゲームズ、よしもとクリエイティブ・エージェンシー、プレイブレーンは、2019年に実施するPC用オンライン対戦ゲーム『リーグ・オブ・レジェンド』(以下、LoL)の国内プロリーグ“League of Legends Japan League 2019”(以下、LJL2019)を共同で運営すると発表した。

 シーズン前半戦となるSpring Splitは、レギュラーシーズンが2019年1月19日から3月22日まで、プレイオフが2019年4月6日と4月13日に実施される。試合形式はレギュラーシーズンがBO1(1試合先取制)でプレイオフがBO5(3試合先取制)。

 このシーズンから賞金が新たに設けられ、優勝チームには1000万円が贈られる。リーグ戦の全試合は、ヨシモト∞ホールにて実施される。

ルール変更、新会場、賞金新設。2019年から始まる“LJLの改革”とは?

 発表会ではライアットゲームズの社長/CEOの小宮山真司氏が登壇し、『LoL』のesportsシーンと今後の展開を語った。

ライアットゲームズの社長/CEOの小宮山真司氏。

 小宮山氏は『LoL』の2018年の世界大会が賞金総額7億2000万円に達し、映像中継のユニーク視聴者数が9960万人に上ったという実績を踏まえ、「日本も数字が伸びてきているが、世界に比べればまだまだ」と振り返る。

 そこで小宮山氏が打ち出したのが今回のリーグの共同運営だ。小宮山氏はLJL2019を“リーグ強化に向けた改革”と位置付けており、小宮山氏が“日本で最強のエンターテインメントグループ”と評するよしもと、LJLの初期から携わり、放送技術のノウハウも持つプレイブレーンをパートナーとして選ぶことで、運営体制の強化を図るという。

『LoL』のesportsシーンについて世界と日本のデータが公開された。2018年は、DetonatioN FocusMeの世界大会での活躍が影響して注目度は一気に上がったが、それでも世界的な規模からするとまだまだだ。

 その最終的な目標は「ファンが熱狂できる体験を提供し、世界レベルのesports文化を生み出すこと」。そのための柱として、競争力、体験、エコシステムの3つを小宮山氏は掲げた。

よしもとクリエイティブ・エージェンシー、プレイブレーンという強力な味方を得て、LJLは新たなステージへと飛躍する。

 競争力については、参加チームを昨シーズンの6チームから8チームへと増やし、またレギュラーシーズンのルールをBO3(2試合先取制)からBO1へと変更する。これには、参加選手数を増やすことで多様性を生み、また試合中の緊張感を高める狙いがある。

 世界大会ではほとんどがBO1形式を勝ち抜いていくことになるため、「世界進出を狙う意味もある」と小宮山氏は付け加えた。

大きいのは試合形式の変更。一発勝負の緊張感の中でつねに戦うことになる。

新たに加わる3チーム。

 続く体験は、試合の放送やライブ体験、そして会場でのファンと選手の交流などを積極的に盛り上げていくとした。試合会場はヨシモト∞ホール。ふだんは若手芸人がお笑いライブを開催しており、座席数はおよそ220席と観戦には最適の場。

 すべての試合がヨシモト∞ホールで実施され、その模様は公式Twitchチャンネルにて無料でライブ配信される。

 また12月26日からAmazonにLJLの特設ページが新設。12月27日からはLJL2019の観戦チケットが購入可能になるほか、LJL公式グッズも販売予定となっている。

新たな試合会場のヨシモト∞ホールを中心とし、ファンを巻き込むような運営が行われていくという。

TwitchやAmazonに関する施策は、アマゾンジャパン バイスプレジデント メディア事業本部統括事業本部長の村井良二氏より紹介された。

 3つ目はエコシステム。今後、スポンサーを広く募るとともに、総額2700万円の賞金を新たに設けることを発表した。内訳は、Spring Split、Summer Splitの各優勝チームに授与される1000万円と、各Weekで選出されるMVP選手への賞金。

 最後に、小宮山氏は「このパートナーシップを結ぶにあたり、各社は億を超える出資を約束している。ですので、この3社にはLJLを1段も2段もレベルアップさせたいという決意がある。3社の固いパートナーシップで、2019年以降のLJL運営に取り組んでいきたい」と述べた。

選手たちから「モチベーションにつながる」と声が上がった賞金の新設。スポンサーが集まれば、さらに規模が巨大になっていく可能性もある。

本発表会の司会を務めたのは、女優の大久保聡美さん(左)とお笑い芸人のタケトさん(右)。大久保さんは5年越しの『LoL』プレイヤーだそう。

よしもとスポーツエンタテインメント代表取締役社長の星久幸氏からは、運営参加に至るまでの経緯などが話された。

パートナーシップとして運営に参加するプレイブレーン社長のシタール・マイケル氏。

試合が配信されるTwitchより、広報事業部ディレクターのジョン・アンダーソン氏からも挨拶があった。

よしもとプロデュースによるLJLコンテンツ配信も発表された。

LJL応援サポーターとして紹介されたレイザーラモンRGさん、カジサックさん、おかずクラブ、EXIT。レイザーラモンRGさんは高橋名人のモノマネ(写真は16連射中のところ)で登場した。

各チーム代表選手も登壇。AXIZよりGariaru選手。

Burning CoreよりRoki選手。

Crest Gaming ActよりHachamecha選手。

DetonatioN FocusMeよりCeros選手。

Rascal JesterよりYuki選手。

Sengoku GamingよりReiya選手。

Unsold Stuff GamingよりTussle選手。

V3 EsportsよりRecap選手。

発表会の締めとして、レイザーラモンRGさんが“LJLあるある”を披露。THE 虎舞竜の“ロード”を気持ちよく歌い上げた後、「LJL選手のTシャツ、すぐ乾きそうな素材~」と熱唱。Yuki選手も「見渡す限りそう」と納得の様子だった。

『League of Legends』公式サイト LJL公式サイト
提供元の記事はこちら(外部サイト)
記事提供元
ゲーム情報サイト。ゲーム以外にもアニメやスマートフォン関する情報、無料コミックやコンテンツも充実。