ゲームトップ > ゲーム情報を見る > ニュース > 超ゲームエリアではスプラトゥーンのゲーム/盆踊り大会やポケモンの企画も。「ニコニコ超会議2016」の最新ブース情報や新企画が公開
ここから本文です

ニュース詳細

配信日時:2016年3月25日 13時14分

その他

超ゲームエリアではスプラトゥーンのゲーム/盆踊り大会やポケモンの企画も。「ニコニコ超会議2016」の最新ブース情報や新企画が公開

 ドワンゴは,2016年4月29日と30日に千葉・幕張メッセで開催される「ニコニコ超会議2016」の,最新のブース情報や新企画を,3月24日に公開した。
 歌舞伎役者・中村獅童さんと初音ミクによる歌舞伎も上演されるという今回のニコニコ超会議。ゲームを中心に見ると,「超ゲームエリア」にて,「ポッ拳 POKKEN TOURNAMENT」(アーケード / Wii U)選手権,「ポケットモンスター オメガルビー・アルファサファイア」でポケモン最強のゲーム実況者決定戦,「ドラゴンクエスト」の公式ニコニコ生放送が出張する「ドラゴンクエストブース」などの企画が実施。そのほか「Splatoon(スプラトゥーン)」では,ゲーム大会と盆踊り大会という2本立ての企画が用意されているようだ。
 また「超VRアトラクションズ」というコーナーでは,“幕張メッセ上空149.9mからスカイダイビング”を体験できる仮想現実(以下,VR)関連コンテンツも用意される。同コーナーの「メーカーズエリア」では,企業の制作する本格的なVRコンテンツも楽しめるとのことなので,こちらも見逃さないようにしたい。
 気が付けばニコニコ超会議2016の開催は約1か月後に迫っているので,来場予定の人は,各ブースの概要を把握して,スムーズに会場を回れるようにしておこう。

《リンク:ニコニコ超会議2016公式サイト》
(http://www.chokaigi.jp/)

「ニコニコ超会議2016」で歌舞伎を初上演
中村獅童と初音ミクが最新技術でキセキの共演
人気アニメや特撮の体験企画、
自衛隊や東証の鐘の展示ブースも発表
株式会社ドワンゴ(本社:東京都中央区、代表取締役社長:荒木隆司)は、2016年4月29日(金・祝)、30日(土)に幕張メッセで開催する、同社が運営する日本最大級の動画サービス「niconico」の超巨大イベント「ニコニコ超会議2016」の新企画や最新のブース情報を発表しました。

■「超歌舞伎 supported by NTT」を幕張メッセイベントホールで開催

●伝統芸能「歌舞伎」と「ユーザー文化」がコラボ、新作歌舞伎を史上初のインターネット生放送

400年以上の歴史を持つ日本の伝統芸能「歌舞伎」をニコニコ超会議2016で初上演することが決定しました。上演演目は、ユーザーによってニコニコに動画投稿され、いまや映画、舞台、小説などさまざまなメディアで人気を集めるボーカロイド楽曲「千本桜」と、歌舞伎の代表的な演目のひとつである「義経千本桜」がコラボレーションし、新たに超会議のために創作される新作歌舞伎『今昔饗宴千本桜』(読み:はなくらべせんぼんざくら)です。
舞台では、歌舞伎俳優中村獅童とバーチャル・シンガーの初音ミクが共演し(初音ミクはCG投影)、中村獅童が演ずる「佐藤忠信」と、初音ミクが演ずる「美玖姫」が出会い、桜の木の下に織りなす物語を紡ぎます。公演は、ニコニコ超会議の開催期間中、2日間にわたり計5回上演します。
また、本公演ではNTTが開発したイマーシブテレプレゼンス技術「kirari!」を使用することで、出演者が異なる場所から演じたり、CGによるキャラクターがよりリアルに目の前にいるかのような音響演出が実現し、従来とは全く異なる演出で行う歌舞伎の舞台をご覧いただけます。
なお、本公演は全てニコニコ生放送での生中継も実施。歌舞伎の新作舞台がインターネットで生放送されるのは、史上初の取り組みになります。
※2-1 「超歌舞伎」メインビジュアル

◆超歌舞伎 Supported by NTT 開催概要
演目名:今昔饗宴千本桜(読み:はなくらべせんぼんざくら)
出演者:中村獅童、初音ミク、ほか
脚本:松岡亮
演出・振り付け:藤間勘十郎
原作:
・小説「千本桜」シリーズ
(原作:黒うさP/WhiteFlame、著・イラスト 一斗まる、発行:株式会社KADOKAWA アスキー・メディアワークス)
・歌舞伎「義経千本桜」
(作:竹田出雲、三好松洛、並木千柳)
観覧:無料※ニコニコ超会議の入場料のみでご覧いただけます。
日程:
4月29日(金・祝)12時の部、14時の部、16時の部
4月30日(土)13時の部、15時の部(2日間計5回上演)
場所:幕張メッセ イベントホール
主催:ニコニコ超会議実行委員会
製作:松竹株式会社/株式会社ドワンゴ
製作協力:クリプトン・フューチャー・メディア株式会社
超特別協賛/技術協力:NTT
あらすじ:
大正百年の帝都桜京で、神憑特殊桜小隊の隊員として活躍する初音未來と桜小隊隊長の靑音海斗。
未來は美玖姫として、海斗は佐藤忠信として生きた時代があり、千本桜を守り抜くために、桜の花を奪っていった邪悪な青龍に立ち向かい…。
“千本桜”をキーワードに「今」と「昔」をつなげる物語。

超歌舞伎公式サイト:http://chokabuki.jp/
「初音ミク」とは:http://piapro.net/

クリプトン・フューチャー・メディア株式会社が開発した、歌詞とメロディーを入力して誰でも歌を歌わせることができる「ソフトウェア」です。大勢のクリエイターが「初音ミク」で音楽を作り、インターネット上に投稿したことで一躍ムーブメントとなりました。「キャラクター」としても注目を集め、今ではバーチャル・シンガーとしてグッズ展開やライブを行うなど多方面で活躍するようになり、人気は世界に拡がっています。


■超アニメエリアではアニメの世界を体験できる企画が盛り沢山

●「超アニメエリア」~あのアニメキャラになりきって楽しめる体験型ブース~

「超アニメエリア」では、さまざまなアニメの世界観をブースに再現し、名シーンや名台詞にちなんだ体験型企画を楽しめます。今回は「おそ松さん」、「監獄学園(プリズンスクール)」、「アイドルマスター」、「だがしかし」、「僕のヒーローアカデミア」、「逆境無頼カイジ」などアニメ6作品を題材にしたブースを展開します。

おそ松さん
作中にキャラクターが訪れた“あの釣り堀”が超会議に登場。釣り糸の先について揺れる封筒をキャッチする企画を体験できます。見事キャッチすることができたら、封筒の中に入っている超会議限定オリジナルノベルティをプレゼント。
※3-1 おそ松さん(C)赤塚不二夫/おそ松さん製作委員会

監獄学園(プリズンスクール)
多くの障害物が待ち受ける排水溝を匍匐前進で進む、八光学園からの脱出をイメージした体験ができます。脱出の途中はクランク等、多くの障害物が参加者を待ち受けます。
※4-1 監獄学園(プリズンスクール)(C)平本アキラ・講談社/八光学園裏生徒会

アイドルマスター
ステージイベント「超アイドルマスターJAPAN」を体験できます。ステージイベントには「アイドルマスター プラチナスターズ」「アイドルマスター シンデレラガールズ」、「アイドルマスター ミリオンライブ!」、「アイドルマスター SideM」と、アイドルマスター全シリーズが揃い踏みします。
※5-1 アイドルマスター (C)BANDAI NAMCO Entertainment Inc

だがしかし
巨大駄菓子に抱きつき、落ちないように耐える企画を体験できます。落ちずに耐え切り駄菓子愛を見せる事ができると、自身がクレーンとなる「人間クレーンゲーム」に参加でき、景品の駄菓子取り放題に挑戦できます。
※6-1 だがしかし(C)2016 コトヤマ・小学館/シカダ駄菓子

僕のヒーローアカデミア
雄英高校入学を目指す共同訓練として、チーム対抗でピースを積み上げ高さを競う体験ができます。待機列からくる邪魔に耐え、勝利チームには超会議限定オリジナルノベルティをプレゼント。
※7-1 僕のヒーローアカデミア(C)堀越耕平/集英社・僕のヒーローアカデミア製作委員会・MBS

逆境無頼カイジ
原作の競技「人間競馬」をモチーフとした、設置された鉄骨を渡る体験ができます。体験中には「ざわっ」と書かれたクッションが待機列から飛んで来て参加者の生還を妨げます。渡りきる事ができると超会議限定オリジナルノベルティを貰えます。

逆境無頼カイジ(C)福本伸行/講談社・VAP・マッドハウス・NTV・D.N.ドリームパートナーズ


■まるなげひろば、VR、特撮、自衛隊、超ゲームエリア、フードコートなど、注目の企画情報を発表

●超まるなげひろば Supported by 大和証券 ~あの鐘を鳴らして上場体験できる~
企画・準備・運営すべてをユーザーに丸投げし、ユーザーが考えた企画で楽しめるエリア「まるなげひろば」では、今年は大和証券がブースに協賛。出展者がひろば内に設置された大和超券ブースで、「大和超券マン」と一緒に作品を紹介し、上場審査を行います。見事上場をすることができれば、東京証券取引所が制作協力した「あの鐘」を鳴らすことが出来ます。「あの鐘」は出展者以外も鳴らすことができ、打鐘記念バッチを貰えます。
●自衛隊ブース ~民間初展示、最高時速100kmの「機動戦闘車」が来場~

ニコニコ超会議2から3年連続ブース出展となる自衛隊は、今年も陸・海・空が揃い踏み。陸上自衛隊からは、2016年4月正式配備後、民間初展示となる最高時速100kmの「機動戦闘車」が幕張メッセに持ち込まれます。
航空自衛隊からは、基地内でしか見ることのできない貴重で高価な現役戦闘機「F-15J/DJ」のジェットエンジンを展示。海上自衛隊からは、輸送艦「おおすみ」とエアクッション艇「LCAC」の模擬演習バーチャル体験ができます。
※機動戦闘車

◆「機動戦闘車」基本仕様
乗員:4名最高速度:100km/h
全備重量:約26tエンジン:水冷4サイクル4気筒ディーゼル機(570ps)
全長:8.45m武装:105mm砲
全幅:2.98m12.7mm重機関銃(車上)
全高:2.87m74式7.62mm機関銃(車載)
※戦闘機「F-15J/DJ」(画像左)と展示される「F-15J/DJ」のジェットエンジン(画像右)

●超VRアトラクションズ~幕張メッセ上空149.9mからスカイダイビングの疑似体験~
※11-1 「VR DIVE」降下ポイントのイメージ

「超 VR アトラクションズ」では、ニコニコ運営・ユーザー・企業が制作するさまざまな VR(バーチャルリアリティ)アトラクションを設置。ニコニコ運営が制作する「VR DIVE」は、幕張メッセ上空 149.9m からスカイダイビングの疑似体験ができるアトラクションです。ユーザー制作のアトラクションが集まる「インディーズエリア」では、まるで格闘ゲームのように3人対3人で魔法の撃ち合いができる AR(拡張現実)バトルや、参加者 4 人がお互いの視界を交換して行う鬼ごっこなどができます。「メーカーズエリア」では、企業の制作する本格的な VR コンテンツをご用意します。
●特撮体験スタジオ ~帰ってきた特撮博物館、シン・ゴジラのひな形展示も~
※特撮体験スタジオロゴ/シン・ゴジラ

庵野秀明が館長を務め、映画・TVで活躍したミニチュアやデザイン画などを展示した「特撮博物館」が、2015年6月の全巡回展終了から約1年の時を経て帰ってきます。会場に設置された「ミニチュアステージ」では、実際の撮影で使用されたミニチュアセットを公開し、セットの中では記念撮影が可能です。ミニチュアの中にある小さな部屋の窓から外を見るとみんなが巨人に見えるセットや、ウルトラマンになりきることができるセットなど「特撮撮影スポット」では迫力の撮影体験をすることができます。さらに、7月29日(金)公開、映画『シン・ゴジラ』に登場するゴジラのひな形を世界で初めて展示。今回の新たなゴジラ製作の第一歩であり、庵野秀明総監督のコンセプトがすべて詰まった、細部まで拘り抜いたひな形をお見逃しなく。
●超ゲームエリア ~ポケモンにドラゴンクエスト、人気ゲーム実況者のステージイベントも~
※13-1 昨年の超ゲームエリアの様子

超ゲームエリアでは、ニコニコで活躍するゲーム実況者のステージや「『ポッ拳 POKKÉN TOURNAMENT』ニコニコ超選手権」、ポケモン最強のゲーム実況者を決める「ポケットモンスター オメガルビー・アルファサファイア ゲーム実況者最強決定戦」、巨大コントローラー2台を使って遊ぶ「巨大コントローラーブース」、ドラゴンクエストの公式ニコニコ生放送が出張する「ドラゴンクエストブース」など、さまざまなゲームに関する企画を行います。
●スプラトゥーン ガチ盆まつり ~イカス号が登場、当日参加企画を2つご用意~
※14-1 「Splatoon ガチ盆まつり」ロゴ

「Splatoon ガチ盆まつり」では、当日参加できる企画を2つご用意。「ガチ盆マッチ」では、当日抽選で個人参加できます。イカス号に乗って出場し、スプラトゥーン好きのゲーム実況者・踊り手・歌い手等と共に楽しむことができます。「ガチ盆踊り」は、当日誰でも自由に参加できる盆踊り大会です。また、スプラトゥーンのキャラクター「シオカラーズ」が今年1月に行われた闘会議2016に引き続き、超会議2016の超音楽祭ステージの出演が決定しました。
●超ミジンコ ~ミジンコお見合いの立会人に~
※15-1 「第1回ミジンコお見合い」の様子

日本のミジンコは、長らくメスだけで卵を作り繁殖しています。このまま交尾をせず繁殖を続けると遺伝子組換えが行われず、病気などに感染しやすくなり絶滅の危機にも繋がる可能性があります。そこでニコニコでは、2015年7月に放送した「ニコニコ23.5時間テレビ」と2015年12月24日のクリスマス・イブに放送した「聖夜のミジンコ生放送」番組内で、ミジンコにお見合いの場をセッティングしてきました。しかし2回とも交尾は確認できず、今回の超会議では東北大学大学院生命科学研究科 占部城太郎教授の協力を受け、3回目のお見合い企画を行います。来場者はビーカーで泳いでいるミジンコ♀をピペットで捕獲。捕獲されたミジンコ♀の写真を比較して、視聴者アンケートで選ばれた一番可愛いミジンコ♀をミジンコ♂のお見合い相手とします。
●超フードコート ~人気動画のメニューを再現するほか、ドワンゴエンジニアによるオープンソースやきそばも~

超会議の会場を歩きまわったあとに空いたお腹を満たすことができる「超フードコート」では、当日限定のさまざまなメニューを販売します。「差し入れ大鍋カレー」は、巨大鍋にネット上から指定された具材がどんどん追加されていくカレーで、ネット視聴者が参加してカレーを作り上げます。ネットの話題を元に作る数量限定メニューとしては、開けてびっくりの恐ろしくもおいしい「ホラー弁当」、動画で人気を集めたエリンギパスタを豪華にアレンジした「松茸パスタ」、味も大きさもパワーアップして帰ってきた人気メニュー「超マンガ肉」を販売。そのほか、「超コラボメニュー」として巷で話題の人気メニューとコラボレーションしたスペシャルメニューや、ドワンゴエンジニアが独自に開発したソースを使った「オープンソースやきそば」、N高生がご用意する「文化祭メニュー」も販売します。また、超フードコート以外でも、お手軽に軽食をお求めいただける「出張軽食スタンド」も展開します。
※超マンガ肉
※松茸パスタ
※ホラー弁当
※17-2 ドワンゴエンジニア開発 オープンソースやきそば

■各ブース追加出演者情報 ~Wii U「Splatoon」のアイドル シオカラーズが再び登場~

超会議ではさまざまなステージイベントが行われ、多くの出演者が登場します。今回、最新の出演者情報を公開。昨年の「ニコニコ超会議2015」に引き続き2年連続で小林幸子の出演が決まり、高木ブー、松崎しげるなどの初出演も決定。さらに、4月30日(土)の超チャンネル生放送ステージでは松岡充と小林幸子の特別対談ステージを実施。ニコニコでも活動を展開している2名による、「アーティストから見たニコニコの世界」「今後の2人の活動」などを語るステージを予定しています。
※18-1 アップアップガールズ(仮)
※小林幸子
※高木ブー
※19-2 シオカラーズ(Splatoon)
※デーモン閣下
※20-2 HISASHI(GLAY)
※20-3 松岡充(MICHAEL)
※21-1 陸上自衛隊中央音楽隊

●「超音楽祭」 ~「でんぱ組.inc × 高木ブー」や「デーモン閣下 × 松崎しげる × 虹色オーケストラ」といった超コラボレーションも実施~

■出演者(3月24日付け、五十音順。新発表出演者は緑字)
RAB(リアルアキバボーイズ)/AiZe/THE IDOLM@STER SideM(S.E.M)/THE IDOLM@STER SideM(DRAMATIC STARS)/アップアップガールズ(仮)/綾野ましろ/アルスマグナ/いかさん/A応P/海上自衛隊東京音楽隊/GARNiDELiA/Gero/古坂大魔王/小林幸子/シオカラーズ(Splatoon)/Da-iCE/高木ブー/デーモン閣下/でんぱ組.inc/9nine/虹色オーケストラ/春奈るな/HISASHI(GLAY)/松岡充(MICHAEL)/松崎しげる/妄想キャリブレーション/陸上自衛隊中央音楽隊/ROOT FIVEほか

●「超チャンネル生放送 2016」 ~松岡充&小林幸子の特別対談ステージが実現~

■出演者(3月24日付け、五十音順。新発表出演者は緑字)
RAB(リアルアキバボーイズ)/青木瑠璃子/アブ/__(アンダーバー)/牛沢/M.S.S Project/小林幸子/コレコレ/セピア/DaiGo/松岡充/もこう/ ほか

●「超演奏してみた」 ~今年も超会議に楽器演奏者が大集合、超会議限定で結成される特別バンドステージも~

■出演者(3月24日付け、五十音順。新発表出演者は緑字)
紅い流星/伊藤一朗(Every Little Thing)/大渡亮(Do As Infinity)/事務員G/私立恵比寿中学/新作アニメの曲をまとめてコラボ集団/ともはち/中西/3110/pinoほか

●「超ボーカロイドエリア」 ~ボカロ好きによる、ボカロ曲のみのDJステージ~

■出演者(3月24日付け、五十音順。新発表出演者は緑字)
easypop/164/いとくとら/emon/かいりきベア &DJ離狐/Quarks/きくお/和田たけあき(くらげP)/kz(livetune)/cosMo(暴走P)/sasakure.UK/takamatt/DJ’TEKINA//SOMETHING/DJ シーザー/八王子P/ピノキオピー/baker/みきとP/めろちん/りりり ほか

●「超ニコびじゅLIVE」 ~超会議唯一のヴィジュアル尽くし、人気V系バンドが出演~

■出演者(3月24日付け、五十音順。新発表出演者は緑字)
AvelCain/アンティック-珈琲店-/Anli Pollicino/A9/カメレオ/DIV/DOG inThePWO/Rayflowerほか


■政党の出展や追加協賛社を発表

≪協賛≫(3月24日付け、五十音順。新発表は緑字)
超特別協賛:NTT
特別協賛:スズキ株式会社/大和証券株式会社
協賛:日本航空株式会社/任天堂株式会社
カテゴリー協賛:ACUO(株式会社ロッテ)/GALLERIA(株式会社サードウェーブデジノス)/株式会社サークルK サンクス/LIVE DAM STADIUM(株式会社第一興商)

≪出展≫(3月24日付け、新発表は緑字)
政党出展:自民党/公明党/日本共産党/生活の党と山本太郎となかまたち
特別出展:SANYO/ファイナルファンタジーXIV/真空管ドールズ × ソニー・ミュージックエンタテインメント/株式会社平和/ヤフー株式会社/JOYSOUND/パチンコ&パチスロフェスタ/マジック:ザ・ギャザリング/Mobil1/日本トーター株式会社/株式会社テレビ東京/缶つま/松竹株式会社/マネックス証券株式会社/ネット株式会社/株式会社マーベラス/ミニストップ株式会社/株式会社ローソン
出展:株式会社グッドスマイルカンパニー/株式会社永谷園ホールディングス/株式会社マンナンライフ/いきむ犬/互助交通有限会社/株式会社セキグチ/門崎熟成肉 格之進/辛ラーメン/株式会社ドミノ・ピザジャパン/株式会社万世/株式会社アイ・オー・データ機器/アクアマリン/岩手県/株式会社コスパ/SEGA/ティアック株式会社/DLsite VR/株式会社ビックカメラ/ヒューマンアカデミー株式会社/石川県志賀町/株式会社イーステージ/【痛傘】シーズナルプランツ/EXIT TUNES/カーテン魂/Carnival☆Stars/高知県/株式会社サーファーズパラダイス/大河ドラマ「真田丸」上田市推進協議会/DEZAEGG.COM/鳥取県/NEET株式会社/ハクバ写真産業株式会社/PikattoAnime/ピカットアニメピンクカンパニー/v4 flower/雪ミク スカイタウン/ローランド株式会社/Wowata T Studio

≪ニコニコ超会議2016 開催概要≫
主催:ニコニコ超会議実行委員会
会場:幕張メッセ国際展示場1~11ホール、イベントホール
開催期間:4月29日(金・祝)、4月30日(土)
入場券:一般入場券…【前売券】1,500円【当日券】2,000円【2日通し券】2,500円
入場券:優先入場券…【1日指定券】1,600円【2日通し券】2,700円
入場券:団体入場券…【1日指定券】1,500円
公式サイト:http://www.chokaigi.jp/


《リンク:ニコニコ超会議2016公式サイト》
(http://www.chokaigi.jp/)


―――――――――――――――――
記事URL:http://www.4gamer.net/games/999/G999905/20160325011/
→画像、ムービーなどがすべてある完全版です
―――――――――――――――――
関連タイトル:
・ ポッ拳 POKKEN TOURNAMENT
・ ポッ拳 POKKEN TOURNAMENT
・ Splatoon(スプラトゥーン)
・ ポケットモンスター オメガルビー
・ ポケットモンスター アルファサファイア

―――――――――――――――――
(C)Nintendo/Creatures Inc./GAME FREAK inc.(C)BANDAI NAMCO Games Inc.※プレスリリースの情報は、発表日現在のものです。発表後予告なしに内容が変更されることがあります。あらかじめご了承ください。※記載されている会社名・製品名は、各社の商標または登録商標です。※ポケットモンスター・ポケモン・Pokémon・ポッ拳 は任天堂・クリーチャーズ・ゲームフリークの登録商標です。 POKKÉN TOURNAMENT は任天堂・クリーチャーズ・ゲームフリークの商標です。
(c)2015 Pokémon.
(c)1995-2015 Nintendo/Creatures Inc./GAME FREAK inc.(c)2015 BANDAI NAMCO Entertainment Inc.ポケットモンスター・ポケモン・Pokémon・ポッ拳・POKKÉN TOURNAMENTは、任天堂・クリーチャーズ・ゲームフリークの登録商標です。Wii Uは任天堂の商標です。
(C)2015 Nintendo
(C)2014 Pokémon. (C)1995-2014 Nintendo/Creatures Inc. /GAME FREAK inc.ポケットモンスター・ポケモン・Pokémonは任天堂・クリーチャーズ・ゲームフリークの登録商標です。ニンテンドー3DSのロゴ・ニンテンドー3DSは任天堂の商標です。
―――――――――――――――――
Copyright (C) 2000-2016 Aetas, Inc. All rights reserved.

提供元の記事はこちら(外部サイト)

本文はここまでです このページの先頭へ